米コロンビア大は16日、米報道界の最高栄誉とされる今年のピュリツァー賞を発表した。特集写真部門で、ミャンマーの「ロヒンギャ」難民が隣国バングラデシュに逃れる様子などを撮影したロイター通信が選ばれた。ロイター通信の一連の写真は「ロヒンギャ難民が直面した暴力を世界に対してむき出しにした」と評価された。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら