4月20日()よりで放送されるドラマ「鳴門秘」(毎週金曜8:00-8:45NHK BSプレミアム)の試写会が行われ、山本耕史、野々すみ早見あかりが出席した。

【写真を見る】初挑戦の殺陣を褒められ早見あかりは恐縮!

同作は、これまで何度も映像化されてきた吉川英治の名作。幕府転覆計画が記されているという「鳴門秘」を手に入れるため、虚無僧姿の美士・法弦之(山本)と、女スリの見返りお綱(野々)が、波二十五万石への侵入を試みる姿を描く。

山本は、オファーを受けたときのことを「“鳴門秘”が“鳴門市長”に聞こえて、最初市長さんの話かと思った」というエピソードを披露し、会場の笑いを誘った。

そんな山本が演じるの弦之は、物静かで影のある役どころ。「自分は弦之と違ってポジティブ。自分が思う“静”を意識して、ができる弦之を演じることができれば」と役づくりについてる。

また、野々や見も山本と同じように自身と演じる役の性格が正反対だと言う。

普段はおっとりしているという野々は、「お綱は“静”の人物が多いこの作品の中で較的明るい役。その明るさを出していくことを頑った」と話し、普段活発な見は、「(演じる)千絵は、とにかくずっと弦之を思い続けている。千絵の“弦之が好き”、というあふれる気持ちを表現することを一番に考えた」とそれぞれの役のポイントを明かした。

さらに、同作の見どころになっているのがダイナミックでスピーディーな立ち回り。

時代劇や立ち回りの経験がある山本だが、「他の作品は1話に立ち回りが1回ある程度。今回は3回、4回あるので大変」と話す。尺八や短いを使っての立ち回りは初挑戦だったが、「殺師の方がその場でつけていくので練習はなし。そういう意味でも新しい挑戦だった」と撮影を振り返った。

一方、見は立ち回りに初挑戦。見に立ち回りの基礎を教えたという山本は「はじめは抜くことすらできなかったけど、のみ込みがかった。筋はいいと思います」と絶賛。見は小さなで「ありがとうございます」と礼を述べ、恐縮しきりだった。(ザテレビジョン

会見に登壇した早見あかり、山本耕史、野々すみ花(左から)