エコードワークスが、「新書風手帳型スマホケース『スマホをやめて本を読め』」の予約受付を開始しました。その名の通り、スマホが『スマホをやめて本を読め』という本であるかのように擬態できます。“釣り”能力が高い。

【画像】使用例

 製品コンセプトは、「読書家を装って意識高そうなフリをしながらスマホをいじれる」。スマホユーザーにとってはちょっと憎たらしいタイトルの本だなーと思わせておいて、手元をのぞいたら「お前もスマホを使ってるんかーい!」と“ツッコミ待ち”もできそうです。

 帯の部分はオレンジ色になっており、「みんなが絶賛! 『読書家のフリをして賢くなれた気分です』脱スマホ術」とこちらも皮肉のきいたコメントが書かれています。そしてなぜか「いらすとや」の男性の絵入り。誰やねん。

 用意されているサイズは、以下の通り。

・汎用ケースMサイズ=W170ミリ、H147ミリ

・汎用ケースLサイズ=W185ミリ、H155ミリ

・iPhone 6~8専用ケース=W159ミリ、H142ミリ

・iPhone 6~8 Plus専用ケース=W181ミリ、H161ミリ

 この商品の作家は、「このケースが流行ってカフェや電車内や街中のあちこちで『スマホユーザーをディスっていると見せかけて自分はスマホをいじっている』という面白おかしい光景が見てみたいと思っています」とコメントしています。

 5月下旬発売予定で、近日中にヴィレッジヴァンガードオンラインストアにて予約取扱いを開始予定。価格は3240円(税込)です。

新書……に見せかけた手帳型スマホケースです