岡山県を中心にバス事業などを営む「両備グループ」(岡山市)は17日、主な黒字路線とほぼ競合して27日から運行する「八晃運輸」(同)の新路線について、国に認可取り消しを求めて東京地裁に提訴した。認可の執行停止も申し立てた。新路線はJR岡山駅と市東部を結び、国土交通省が2月に認可した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

両備グループのバス停と並んで新しく建てられた八晃運輸のバス停(右端)=岡山市東区で2018年3月6日、林田奈々撮影