宮内庁は17日、来年10月の「即位礼正殿の儀」で、新天皇が即位を宣言する際に使われる「高御座(たかみくら)」と新皇后が上がる「御帳台(みちょうだい)」を京都御所(京都市)で報道陣に公開した。今年夏には皇居に移され、漆の塗り直しなどが行われる。即位の礼が終わると京都御所に戻される。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

京都御所の紫宸殿に置かれている「高御座」(手前)と「御帳台」=京都市上京区で2018年4月17日午後2時17分、川平愛撮影