福島原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第7回公判が17日、東京地裁であった。事故前に想定津波の試算をしていた東電社員が出廷し、国が02年に「日本海溝沿いで巨大津波が発生しうる」とした「長期評価」について「原子炉を停止するほどの切迫性はないと考えていた」と証言した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら