ネットを通じて出会ってはいけない2人が出会ってしまう。特に児童買春の問題は、通信機器の発展とともに連動してきた歴史がある。

 古くはテレホンクラブやツーショットダイヤルから始まり、携帯電話の普及とともに出会い系サイトが台頭。さらにスマートフォンの普及によって、チャットで交流することができるアプリやそのIDを交換するサイトが登場。SNSの利用者が爆発的に増えた。

確立されてきた出会いのパターン

 私は、長年にわたって性犯罪の被害について取材している。先日、そのレポートを『男と女の性犯罪実録調書』として刊行した。そこで改めて実感するのが、性犯罪を取り巻く時代の変化だ。

 最近はSNSで知り合い、LINEのIDを交換するのが一つのパターンとして確立されている。

 2015年7月、大阪市中央区でこんな事件があった。別れた交際相手(24)の家に荷物を取りに行った女性(21)が、首などをメッタ刺しにされて殺されたというものだ。

 2人を結び付けたのはSNS。加害者の男には当時、同棲している別の交際相手がいて、その交際相手ともども『サウンドホライズン』というロックバンドに傾倒していた。そのファンサイトを通じて知り合ったのが被害者の女性だった。

 彼女は当時、まだ女子高生だったが、暴力的な父親と過干渉な母親に嫌気がさしており、ファンサイトを通じて知り合った男たちと次々と交際。そのうちの一人が大阪に転勤することになったため、それに付いて行くことになり、加害者のカップルとも“リア友”になった。

「あの人、ちょっとおかしい」

 加害者の男はバイト先として自分が勤務する焼き鳥屋をあっせんし、毎日顔を合わせるようになると、簡単に男女の関係になった。そのことがお互いの同棲相手にバレることになり、そろって同棲を解消。2人は事件現場となるマンションに住むことになった。事件発生の1カ月前のことだ。

 ところが、被害者の女性はSNSでは分からなかった男の本性を知ることになった。

「あの人、ちょっとおかしい。バイトのない日は一日中、部屋に閉じ込められてセックスさせられる。アンダーヘアを剃られたり、アフターピルを飲まされて毎回中出しされる」

 こうした悩みを打ち明けられるのもSNSで知り合った元カレたちだった。被害者は直前まで付き合っていた元カレに復縁を求め、ペットのハムスターを返してもらいに行ったところ、犯罪の被害に遭ったのだ。

警察が規制強化しても、いたちごっこ

 若者にとってネットの世界は仮想現実ではなく、日常生活とつながる「拡張現実」だ。それゆえにまず内面の合う者同士がマッチングされ、外的要因は二の次だ。こうして不可解なカップルが誕生し、世にも奇妙な事件を起こすことが多い。

 警察は新たなツールが登場するたびに規制を強化しているが、いたちごっこの感は拭えない。携帯会社も有害サイトへのアクセスを制限するフィルタリング・ソフトなどを開発しているが、それでもこぼれ落ちるSNSは無数に存在する。

 その最たるものがユーチューブだ。小学生が将来なりたい職業にユーチューバーがランクインするなど、もはやユーチューブを見たことがない小学生は皆無だろう。

 だが、ユーチューブには動画を見るほかにコメント機能がある。小学生は何が危険かなど分かっていないので、平気で自分の名前を書き込んだりする。いったんネットに書き込まれた情報は、必然的にネット全体に表示されることになる。そこにはどんな人種が潜んでいるかなど考えもしない。悪意ある犯罪者たちは、そこから本人のブログなどを特定したりするのだ。

最初からホテルへ行くことが前提になっていた

 2017年秋、東京都内でこんな事件があった。ピコ太郎の影響を受け、「自分もネットアーティストとして、ひと花咲かせたい」と考えていた自称ミュージシャンの男(29)は、自分の動画にコメントしてきた中1少女(当時12)と知り合い、LINEのIDを交換してやり取りを始めた。

 ネットで知り合った関係は、親しくなればなるほど実際に会いたいと思うようになるものだ。こうして2人は会うことになったが、最初からホテルへ行くことが前提になっていた。なぜなら、ネットのやり取りの中で、将来の結婚まで約束していたからだ。

 それが少女の母親にバレてしまい、あっけなく終わりを迎え、男は強制性交容疑で逮捕された。少女の母親は「娘にねだられ、スマホを与えたのが悔やまれてならない」と述懐したが、そういう問題だろうか。

 根本的な問題はネットではない。世の中には女に甘えることにおいて、天才的な男がいるということだ。

「オレのために援助交際してくれないか?」

 例えば、生活保護を受けていた岐阜県在住の無職の男(42)は、親に対する不満をブログに書いていた女子高生(当時16)に接近し、自分のために金を稼ぐ売春婦に仕立て上げていた。

 彼女をお姫様のように扱う一方で、常に「金がない」と繰り返し、「オレのために援助交際してくれないか?」と持ち掛けた。

「援助交際なんかしたら、私のことを嫌いにならないの?」

「いや、それはむしろ逆だろう。オレは心からお前のことを愛している。お前のためだったら、腎臓でも角膜でもやっていい。それでも見返りは求めない。それが愛だろう。相手から奪うのが恋なら、与えるのが愛だ。オレのために金を稼いでくれるなら、それは究極の愛だ。心さえ奪われなければ、それは浮気じゃない。分かるだろう?」

 こんなセリフで落とされていたのだ。

「娘とはどんな関係なんですか?」

 また、長野県在住の妻子持ちの工場勤務の男(37)は、ツイッターで中2少女(当時14)と知り合い、家族ぐるみで付き合うことで少女との交際をカムフラージュし、2年後には自分の子供を出産させた。

 男は少女とLINEでやりとりしていることがいずれバレると想定し、「もしそうなったら、自分に電話をかけさせるように」と少女に言い含めていた。

「娘とはどんな関係なんですか?」

「ただのメル友です。私にも同じ年頃の子供がいましてね。今は妻と別の場所に住んでいますが、その罪滅ぼしに〇〇ちゃんの相談相手になれればと思って」

「娘に会ったことはないんですか?」

「もちろんありませんよ。私は別の県に住んでますし、日頃はスーパーで肉の加工をしているようなオッサンですよ。もし会ったりしたら嫌われちゃいますよ」

 さらに男は「LINEでグループトークをしませんか」と持ち掛け、少女と少女の母親と3人で家の内情を話し合うという奇妙な関係に持ち込んだ。「生活費に困窮している」という話を聞くと、金まで貸すようになった。

 彼らに共通する手口は、少女の悩みに耳を傾け、理解者であるかのように装い、疑似恋愛に持ち込むことだ。ここがテレクラや出会い系サイトと違うところだ。彼らはじっくり時間をかけ、女が自然に落ちてくるのを待つのである。

 子供に説明できないまでも、親は知っておいた方がいいだろう。犯罪者の手口は常に過去の手口の焼き直しである。

(諸岡 宏樹)

『男と女の性犯罪実録調書』(諸岡宏樹、鉄人社)