4月22日、東京都内で「著作権侵害サイトのブロッキング要請に関する緊急提言シンポジウム」が開催された。「ねとらぼ」によると、パネリストのひとりとして、投資家でブロガーの山本一郎氏が登壇し、海賊版漫画サイトの「漫画村」についての調査結果を明かしたという。

山本氏は、2017年11月時点で「漫画村」の売上は月間6000万円前後だったと推測。収入源のひとつはサイトに掲載されている広告で、最も売上として大きかったのは“大手アダルトサイトD社”からの月間売上約350万円。掲載頻度が20%に設定されており、アドネットワークでの月間売上はおよそ1900万円だったという。Twitterでは、

“事実であればボロ儲けもいいところ”
“月6000万って半端ない数字。PVが稼げればなんでもありな広告業界の闇は深いんだな”
“むしろここまで大きくなるまで放置してたことに疑問”

とその収入の大きさに驚く声と、批判が相次いでいる。

その他にも、山本氏は、漫画村には出会い系サイトからの広告収入があり、別の収入源として、ユーザーのアクセスログやクッキー情報の販売も行っていたと推測。これについては、

“ポーカーに「カモがいなかったら自分がカモであると思え。そんな時は退散するに限る」って言葉があるらしいです
金とらないだけで別のもっと価値があるものを奪うのはよくある話”
“いにしえより「タダより怖いものはない」と言われておってな。
無料で得たものは必ずその代金以上の損がどこかに及ぶという経験則じゃよ。”

と、漫画村が“無料”であったことから、なんらかのデータ販売が行われていたことを予見していたという声があった。しかし一方で、

“若い子は個人情報売られたから何?って感じじゃね? 漫画村使えないリスクと、個人情報売られるリスクなら、漫画村使えないリスクのが高そう”
“漫画村とかAnitube使ってたからなくなって悲しいとか言ってる糞みたいな頭すっからかんの若い子いるんだな…”(原文ママ)

と、利用者のデータが販売されることを気にしない若い世代が多いのではないかとの言及も。実際に、23日、NTTグループが漫画村をはじめとする海賊版サイトのブロッキングを発表した後には、

“漫画村まじ終わったのきついわー。漫画買いたくないけど、続ききになる~”
“漫画村まじか!どちゃくそ病んだ! まじで最悪。絶望感やばい。”
“漫画村無くなったのまじできびぃよね笑”

と若い世代と見られる漫画村愛好者たちの悲鳴が殺到していた。無料だからという理由で利用していたユーザーたちは、サイトが閉鎖されたからといって、漫画を購入するわけではない。しかし、海賊版サイトの実情が徐々に明らかになっていることは、業界健全化のための大きな一歩ではあるだろう。
(飛鳥 進)

■関連リンク
・「漫画村」月間売上は6000万前後、利用者データを販売? サイトブロッキングシンポで調査結果が発表される
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/22/news025.html