株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口征浩)は、同社が提供するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( http://styly.cc )」を、Google DayDreamに対応した一体型VRHMDとしては世界初となる「Mirage Solo」に対応いたしました。


STYLYは、Webブラウザのみで稼働するVR空間制作・配信クラウドサービスです。MacやWindowsに対応し、VR対応型PC以外の普及型パソコンでも稼働します。本対応によりVR空間の構築はもちろん、STYLYのディストリビューション機能を活用することで、タイムラグなしに「Mirage Solo」への配信・体験が可能になりました。

また、国内外のクリエイターが制作した多彩なVR空間も「Mirage Solo」が販売されるタイミングで、公開予定です。本デバイス購入後、すぐにご体験いただくことができます。


<体験可能なVRコンテンツ>

■NEWVIEW PROJECT

株式会社Psychic VR Lab、株式会社PARCO、株式会社ロフトワーク3社の共同プロジェクト。

「NEWVIEW」は、ファッションや音楽、映像、グラフィックなど、現代のカルチャーを体現する人々が集まり、新しいクリエイティブ表現と体験をデザインしていく実験的プロジェクト/コミュニティ。既に10作品以上のVR空間が公開されており、今後も随時追加予定です。

■参画クリエイター
大月壮(映像ディレクター/映像作家)、伊波英里(グラフィックアーティスト/アートディレクター)、STEREO TENNIS(グラフィックアーティスト/イラストレーター)、石田真澄(写真家)、河野未彩(アートディレクター/グラフィックデザイナー/映像監督)、たかくらかずき(イラストレーター)、村田実莉(アーティスト)、衛藤隆世(CGアーティスト)、サヌキナオヤ(イラストレーター/漫画家)、ぬQ(アニメーション作家/イラストレーター)、島田大介(映像作家/写真家/アートディレクター)、キムソンヘ(シャンデリアアーティスト)、VIDEOTAPEMUSIC(映像ディレクター/ミュージシャン)、でんすけ28号(映像作家)、Colliu(アーティスト)、ほか随時追加予定 ※順不同


■VRアーティスト せきぐちあいみ

VRアーティストとして世界各国で精力的に活動をされている「せきぐちあいみ」氏がTilt Brushで制作された作品の世界を「Mirage Solo」で体験することができます。


■東北ずん子

クラウドファンディングで1,800万円以上を集め、アニメ化もされた東北応援キャラクター「東北ずん子」がVRに!ずん子のそばに行きたい。そんな夢を実現したのがCGツールBlenderの教科書を執筆した榊正宗氏制作の「見つめる東北ずん子VR」。「Mirage Solo」でずん子に近づくと、あなたをずっと見つめてくれます。


■松武秀樹

YMOのアルバム・レコーディングや世界ツアーにシンセサイザープログラマーとして参加し、”4人目のYMO”と呼ばれた松武秀樹氏とPsychic VR Lab所属のメディアアーティスト「God Scorpion」がコラボレーションした「Turning point」も公開中。

音楽 x VRの新たな表現方法を提案する次世代のミュージックコンテンツを体験することができます。


■ STYLYとは?

STYLYは、VR空間を駆使し、新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。

STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなどクリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。

またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。

STYLY Official Site:http://styly.cc


■ Psychic VR Labとは?

VR(バーチャルリアリティ)時代におけるクリエイティブプラットフォームとして、ブラウザだけでVR空間を構築し、配信を行うことができるクラウドサービス『STYLY』を展開、すべてのクリエーターがVR空間を作ることができる世界を作ることをミッションにアート、ファッションからライフスタイルに関わるインターフェイスのVR化を推進しております。

配信元企業:株式会社Psychic VR Lab

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ