ロサンゼルスの高級デニムブランド「CARMAR Denim」が発売した168ドル(日本円で約1万9000円)のダメージデニムが強烈すぎると話題になっています。

同ブランドのオンラインショップで買える「EXTREME CUT OUT JEAN」は、まさに“エクストリーム(過激)”なカッティングがポイントです。

168$ for this Jeans from CrappyDesign

蒸し暑い夏に最適かも

フロントのデザインはウエスト部分とポケットが辛うじて残っているだけで、あとはもはや紐で繋がっているだけ。

バックスタイルはさらに強烈で、お尻から足首まで布地が殆どなく、最新のふんどしデニムといった感じでしょうか。

見る者に、人類はなぜ衣服を身に付けるのか、根源的な問いを投げかけます。

#carmar pic.twitter.com/n9ItGbL5T4

— Emmanuel Jones (@emmanuj46) 2018年5月1日

ザワつくネット民

ダメージデニムは今期のトレンドのひとつですが、この振り切りっぷりを見た人からはさすがに、「何にもナッシング!」「空港のセキュリティチェックで手間取らないね。」「“リラックスフィット”って表示されてるけど、リラックスしすぎじゃない?」といった反応がSNSに並んでいます。

CARMAR Denimさん(@carmardenim)がシェアした投稿

日本からも購入可能

「EXTREME CUT OUT JEAN」は24~27インチのサイズ展開で、日本への発送も可能。

着る人も着る場所も慎重に選ぶべきジーンズですが、気になる方は手持ちのもので自作を試みてみてもいいかもしれません。

人類はなぜ服を着るのか…1万9000円の“ダメージジーンズ”にネット上がざわつく