VR/MR/ARの第一線で活躍しているトップランナーの講演やパネルディスカッションが繰り広げられた「Wacom Creators' Symposium」。4月24日に東京・秋葉原で開催された同イベントでは、ゲームやエンターテインメント、インダストリアル関連での講演が多かったなか、「VR×脳波の可能性」という意外な切り口での講演に注目が集まっていました。

「VR×脳波の可能性」と題した講演を行ったのは、国立研究法人脳情報通信融合研究センターに所属する成瀬康博士。ウィットに富んだ講演は、来場者に笑いを呼び起こすなど、フランクな雰囲気のなか行われました。

○ヘルスケアやエンタメに、脳波の新たな活用法

成瀬博士の研究室では、脳情報通信技術をどのような環境でも使えるように進歩させることで、人々のQoL(quality of life)の向上を目指しているそう。

そもそも、我々が脳波を計測するのは脳ドックや頭部に強烈な衝撃を受けた時など、ほんの僅かな限られた機会しかありません。しかも、従来の脳波計測では脳波を読み取る電極を取り付ける際にベタベタとした伝導性のペーストを塗らねばならず、面倒さもつきまとっていました。

そういった面倒さを解消したモバイルワイヤレス脳波計などにより、自宅でのヘルスケアはもちろん、教育やマーケティング、エンターテインメントといった様々なシーンで脳波を応用できないかを研究しているといいます。

○「Right」と「Light」の違いを認識する脳波

じつはVRと脳波の可能性については、以前から研究が成されていると成瀬博士。講演では、2000年代後半に一世を風靡したLinden Labの「Second Life」上で闊歩するアバターを脳波によって動かす研究が行われており、慶應義塾大学の牛場潤一氏らの研究で成果が上がったとのこと。しかし成瀬博士は「脳波を使うならば『脳に聞かなきゃわからない』」情報を利活用することをコンセプトとして研究を行っているそうです。

その一例として、"Right"と"Light"という、日本人が聞き分けし辛いとされている発音の認知において、本人は聞き分けできていない場合であっても、脳はその違いを認知している(波形が異なる)ことなどが紹介されました。そこに、ゲーム要素を加えて反復練習を行うと、被験者は"Right"と"Light"を聞き分けられるようになったとのことです。

○ゲームに熱中? それとも冷めてる? 脳波で推測

また、脳波を読み取ることでゲームへの没頭度も類推することができるようになると成瀬博士。ある実験では、野球ゲームを被験者にプレイしてもらい脳波を計測。そして空振りストライク、見逃しストライク、ボールの3つのイベントをキーに脳波計測を行った結果、空振りストライクとなった際に脳が強く反応を示したといいます。

さらに、点差によって同じ空振りストライクであっても被験者の感情に差があることがわかったそうです。冗談めかしながら成瀬博士は、例えばガチャ等のゲームシステムにおいてこの感情の波を脳波から読み取れれば、プレーヤーが入れ込んでいるのか熱が冷めているのかを伺い知ることもできるのではと語っていました。

さて、では脳波とVRへの取り組みはというと、現在鋭意取組中だとのこと。しかし、VRという環境だと身体の動き等で脳波にノイズが入り込みやすく、VRならではの難しさもあると成瀬博士はいいます。

しかし、VRであればその空間上で"女性とすれ違う"といったイベントを発生させ、そのイベントに紐付けられた脳波データをピックアップすることも可能になるため、脳波の解析によりプレーヤーの心に響くキャラクターの創造や、より印象的な出会いのシーンを演出することも将来的には可能になるかもしれません。

そう考えを巡らせていくと、ユーザーが真に心を揺さぶられるコンテンツを楽しめる世界がやってきそうでワクワクさせてくれます。
(渡部仁)

画像提供:マイナビニュース