世界800万部のベストセラ小説原作の『ワンダー 君は太陽』(6月15日開)から、先行特別映像が到着!重度の障がいを抱える少年を演じたジェイコブ・トレンレイや、彼の両親役のジュリアロバーツ、オーウェン・ウィルソンらにより、本作の舞台裏が明らかになった。

【写真を見る】顔に特殊メイクを施して主人公オギーを演じるジェイコブ

外見に生まれつき障がいを抱える少年・オギーが、小学校5年生で初めて学校へ通う姿を、彼を取り囲む人たちの戸惑いと成長と共に描いた本作。オギーを演じるのは、『ルーム』(15)で一躍注を集め“天才子役”の呼びも高いジェイコブ・トレンレイだ。特別映像には彼らキャストの撮影時の様子や、本作についての想いをる姿が収められている。

映像の冒頭には、原作製作揮を務めるR・J・パラシオが登場。「息子たちとアイスクリーム屋で顔に重度の障がいがある子の隣に座ったの。その日のラジオから流れてきたナタリー・マーチャントの楽曲『WONDER』を聴いたとき、“接し方が分からないと思われる側”を描こうと思った」と原作の誕生秘話を明かす。

原作本「ワンダー」はアメリカをはじめ、日本でも学校の教材として使われている名著。ジュリアロバーツは「とても美しくて、クリエティブ、にも有益な本。あっという間に母親役にのめり込んでいった」と本作への情もひとしおだ。オギーの父親を演じたオーウェン・ウィルソンは、オギーと『スター・ウォーズ』のライトセーバーで遊んだシーンを印的なエピソードとしてっている。

一番の難役を務めたジェイコブは、「顔に障を持つ男の子が受け入れられる難しさを描いている」と本作の本質を理解して撮影に挑んだ様子。そんなジェイコブを共演者、スタッフは大絶賛。スティーブン・チョボスキー監督は「全に役になりきったかと思ったら、メイクを落とした間にはジェイコブに戻る」と話し、子役えた“一流俳優”として認めている。

外見が人と異なるオギーに対して偏見を持っていた人々が、彼の行動によりどのように変化していくのか。本映像ラストロバーツが「私にとってオギーは私のスーパーヒーローよ」と意を、ぜひ劇場で確かめてほしい!(Movie Walker・文/トライワークス)

『ワンダー 君は太陽』で名演を見せたジェイコブ・トレンブレイと原作者R・J・パラシオ