株式会社クロス・マーケティングが、全47都道府県に在住する20歳~69歳の男女を対に「犬と猫に関するアンケート」を実施。のどちらが多いか、1,000人に対してアンケートを行っている。

 

 

犬と猫のどちらが好きかをねると、「」が46.9で「」は33.6に。「どちらでもない」が19.5で、が最多数になった。性年代別にみると、男性は年代が上がるごとにが増加し、男女べると男性よりも女性が多くなっている。

 

 

また、自分がどんな性格だと思うかをねると、「人見知り」「団体行動が苦手」「インドア」「感受性が豊か」の項よりもが10ポイント以上高くなった。毎日外で散歩する必要がない点やマイペースに生きている印が強いもの。アンケートからは、自分自身との共通点がを好きになる要因の一つではないかと推測できる。

 

 

犬と猫に対して抱いている、それぞれのイメージも調に対しては「人懐こい」「忠的」「賢い」などが強く、には「気まぐれ」「自由」「わがまま」という印を持っている人が立っていた。を分けてみると、それぞれがに抱いているイメージの相違が大きいことも判明。特にに対して「甘えん坊」「キレイ好き」「人懐こい」というイメージを持っていたが、の中で同じようなイメージを持っている人は少なかった。

 

<調概要
調手法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルアンケートツールQiQUMO」使用)
調地域:全47都道府県
調20~69歳の男女
調期間:2018年4月6日)~4月9日
有効回答数:1,000サンプル
※調結果は端数処理のため、構成100%にならない可性あり。
⇒詳しくは「クロス・マーケティング」公式サイトまで

犬派と猫派のどちらが多いのか明らかに! 1,000人を対象に「犬と猫に関するアンケート」を実施