日々新しいスターが生まれて大活躍を繰り広げているが、次は一体誰がメディアを騒がすことになるのだろうか。この記事では、次にキそうなブレイク間近の有名人を紹介! 今回紹介するのは、HKT48の田中美久。

 

初のセンターに抜擢されたHKT48・田中美久が話題!

出典画像:田中美久 公式Twitterより

 

2018年5月2日にリリースされるHKT48の11thシングル「早送りカレンダー」で、同期の矢吹奈子とともに初のWセンターに抜擢された田中美久。16歳で大躍進を遂げた田中だが、HKT48でも彼女ほど着実に実績を積んできたメンバーは他にいないだろう。

 

2014年に同グループの「チームH」に所属した田中は、同年発売された3rdシングル「桜、みんなで食べた」で初の選抜入り。そして2016年に行われた「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」では45位になり、「ネクストガールズ」入りを果たしている。ちなみに当時14歳の彼女はグループ最年少でのランクイン。さらに同年は、中高生向けのビューティー&ファッション誌「LOVE berry」の専属モデルである通称“ラブモ”にも起用された。活躍はそれだけにとどまらず、2017年には熊本県・芦北町の親善大使にも任命されている。

 

かつてHKT48劇場支配人の尾崎 充から「この原石を上手に輝かせたい。誰にもそう思わせる能力を生まれながらに兼ね備えている」と評されたこともある田中。活躍の機会が少ない若手でありながらも、与えられたチャンスのなかでしっかりと結果を出し続けてファンを獲得している。まだ10代とは思えないプロ意識の高さは、業界でも有名なようだ。

 

そんな彼女の特徴を1つ挙げるなら、童顔で愛らしいルックスからは想像できない豊満なボディ。身体のラインが目立つ衣装を披露する度にネット上では大きな話題を呼んでいた。2017年12月に週刊誌のグラビアで初の水着姿を披露すると、「やっぱりこんなセクシーボディを隠していたんだな…」「相変わらずフェロモンを放出しまくっててテンション上がりますよ」「これはまだまだ成長しそうだわ。将来が楽しみすぎるぜ」「なんてけしからんボディなんだ! 早く写真集を出して下さいお願いします!」「みくりん凄すぎ! この無敵な感じは昔の柏木由紀を彷彿とさせる」と歓喜の声が続出。

 

近い将来、田中がHKT48を引っ張っていく存在になるかもしれない。今後の更なる躍進に期待していよう。

 

プロフィール
名前:田中美久(タナカミク)
生年月日:2001年9月12日
血液型:B型
出身:熊本県
身長:151cm
趣味:カラオケ、映画鑑賞
特技:フラフープ、愛犬に技を教える

片手を失ったことをものともせずNFLでドラフト指名! シャキーム・グリフィンのプレーを見よキャプション