宝塚歌劇演『エリザベート』の制作発表会が5月8日に都内にて開催された。実在したオーストリーハンガリー帝国皇后人生モデルに、皇后エリザベートと黄泉帝王トート(死)との憎をドラマチックに描くミュージカル宝塚では1996年の初演から各組での上演を重ね、10回の上演となる今回の演では、トップスター・珠りょうがトートを、トップ役・希れいかがエリザベートを演じる。

チケット情報はこちら

歌劇団の小川友次理事長が「宝塚にはふたつの宝がある。ひとつは『ベルサイユのばら』、もうひとつがこの『エリザベート』。『ベルサイユのばら』は昭和に生まれましたが、この『エリザベート』は平成の宝」と名作に、いま勢いのある組が挑む。演出を手掛ける小池修一郎は「いまの組はたいへんユニーク。それぞれの個性があり、それが固まっていないところが魅。その組が『エリザベート』という定番の作品に出合い、どのように新しい命を吹き込むかを楽しみにしています」と話す。

さらに小池演の珠について「珠は“健康的”なスター。ただトートというのは、本人が死んでいるのではなく、死のエネルギーを表現している役。死のエネルギーというものは時に世界を滅ぼすほどのがある。珠は“エネルギッシュな死”を演じてくれるのでは」と、新しいトート像に期待を寄せる。また、エリザベートを演じる希はこの演での退団を発表しているが、彼女についても「本当にこの役が彼女の集大成になる。エリザベートという女性は、初代のまりさん(1996年98年)が演じた“げ”な美貌の王妃という作り方と、大鳥れいさん(2002年)や、瀬奈じゅんさん(2005年)が演じた“強い”女性像という作り方がある。希はその両方の接点を表現していくことができるんじゃないか」と話した。

自身も「このお話を伺った時には驚きました。前回(小池が演出した)『All for Oneダルタニアンと太陽王~』では“太陽と土の匂いがする”と言われる生命溢れる青年を演じたので…」と、その配役が意外だったことを告白。ただ「自分にないものに挑戦させていただけるのは役者利につきる。諸先輩方が繋いできたこの『エリザベート』という作品の息吹を感じつつ、今の組にしかできない『エリザベート』をお届けしていけたら」と意欲を燃やす。希も「エリザベート役をさせて頂くことが本当に幸せですし、身が引き締まる思い。まだ稽古前で漠然としていますが、彼女少女らしさを大切に演じたい」と意気込みを話していた。

演は8月24日()から10月1日()まで兵庫宝塚大劇場、10月19日()から11月18日(日)まで東京宝塚劇場にて上演される。兵庫演は7月21日(土)、東京演は9月16日(日)にそれぞれ一般発売開始。

珠城りょう(右)、愛希れいか