女優・浜辺美波の勢いが止まらない。テレビ朝日系『報道ステーション』で東京オリンピック・パラリンピックに向けてスタートした新コーナー「テラせ!ニッポン」にてナレーションを務めることとなり、SNSで「日本を照らしていくアスリートたちの紹介と魅力を掘り下げていくものとなっています! 素敵なコーナーに関わることができとても嬉しいです。精一杯頑張ります」と意気込んでいる。

2020年に「20歳」となる彼女は新企画にふさわしいが、起用された理由はそればかりではあるまい。

さらに「テラせ!ニッポン」第1回が放送された5月10日、金沢マラソン組織委員会事務局は10月28日に開催する『金沢マラソン2018』のゲストに浜辺美波を迎えることを発表、彼女もそれを受けて「昨年に引き続き、『金沢マラソン』の大会アンバサダーを務めさせていただくことになりました!」と力強くつぶやいた。

2011年、『第7回東宝シンデレラオーディション』で新設されたニュージェネレーション賞に選ばれた時は10歳だった。ちなみにこの時のグランプリには同年代の上白石萌歌が選ばれている。

その年に公開された映画『アリと恋文』に主演して女優デビューした浜辺美波。2015年にはドラマ『無痛~診える眼~』で第2回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 新人賞、2017年には主演映画『君の膵臓をたべたい』『咲-Saki-』の2作や『亜人』で数々の賞に選ばれた。

他にも2015年にはバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』の再現ミニドラマに出演したり、2017年にはドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』の第3話でアイドル・真中ありさ役を務めるなど、様々なシチュエーションに挑戦してきたことが今の人気につながったのだろう。

今年は1月から放送されたドラマ『賭ケグルイ』で主演、NHK Eテレ『ボキャブライダー・ドラマSP 選ばれし者』(3月17日)で主演、4月期からは日曜ドラマ『崖っぷちホテル!』でパティシエ・鳳来ハル役を務め、映画では『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』(1月20日公開)から『となりの怪物くん』(4月27日公開)、夏には主演映画『センセイ君主』公開(8月1日予定)と忙しい。

『崖っぷちホテル!』で共演する川栄李奈がSNSで浜辺美波との共演作が続くので嬉しいとツイートしていたが、急成長著しい2人は“女優”の枠を超えて活躍するところも似ておりシンパシーを感じるのではないか。

画像は『浜辺美波 2018年5月6日付Twitter「ゴールデンウィーク最終日! みなさんいかがお過ごしになりましたか?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト