お笑い芸人のキンタロー。さんが5月14日にブログを更新。バラエティー番組で披露したアイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈さんのものまねパフォーマンスに批判的な意見が集まっている件について、現状と自身の思いをつづっています。

【画像】キンタロー。さんがまねた平手友梨奈さん

 キンタロー。さんは5月11日放送のフジテレビ系「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」に出演し、女芸人ユニット「松木坂46」のメンバーとして「サイレントマジョリティー」や「不協和音」など欅坂46の代表曲を披露。平手さんを意識した激しい顔芸を含むパフォーマンスに一部のファンからは、「キンタローは平手なめてるの?」「2度とモノマネすんなよ本当に」「てちファンに土下座しろ!」と厳しい意見が寄せられるなど炎上状態となっていました。

 これを受けてキンタロー。さんはブログを更新し、「そもそもの私が皆様の前に登場できた時も大炎上しました」と元AKB48の前田敦子さんのものまねでブレイクした当時の状況を回顧。今では同ブログがオフィシャルとなり、管理会社によって過激なコメントは表に出ないようになっていることを明かしつつも、「実は承認されてないコメントが3000件以上寄せられてます 怖いよ~涙」と厳しい現状に直面していることをつづりました。

 またブログ以外にも、「Twitterとかに直接 罵詈雑言が届いてます涙 安心してください。ちゃんと届いてます。泣きながらみてます。。笑」とキンタロー。さんへの窓口となる各所に批判的な意見が殺到しているとのこと。さらに「松竹芸能にまで怒りの連絡きてるみたいです」と所属事務所にまでクレームが入ってることを告白しています。

 「ついに来るとこまで来てしまいました」と現状の深刻さを受け止めつつも、「でもこれだけは伝えたい 私は皆さんに喜んで頂きたく、楽しませたい思いからやってます」「悪意なんて一切ないし見て頂けたらこの想いはきっと伝わるとそう信じてます」など受け取り手とのそごを埋めるべく自身の思いも明かしています。

 一方で励ましの声も多く届いているそうで、「大変ななか、優しい言葉送ってくださり本当にありがとうございます」と感謝をつづったキンタロー。さん。SNS上では、「あくまでモノマネなんだからもっと寛大な心でみれないもんかね」「ネタなのにこんなにキレるか?」「(平手さんは)お笑い好きだから顔ヤバいって大爆笑してたりしそうだなって予想」など中立的な意見も多く見られる他、今回は平手さんがグループ活動をたびたび休養しているデリケートな時期と重なったことも炎上の一因になっていると推測する声も上がっていました。

平手さんに扮(ふん)した キンタロー。さん(画像はキンタロー。公式ブログから)