石川県農林総合研究センター畜産試験場は14日、同試験場で生まれて飼育されていた世界初の体細胞クローン牛「のと」が死んだと発表した。19歳10カ月だった。自然死とみられる。双子の「かが」は元気という。同試験場によると、のとは今月4日に体調を崩し、いったん回復したが、14日午後に容体が急変した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

石川県畜産総合センターで誕生した成牛の体細胞を使ったクローン牛=1998年7月5日、駒崎秀樹写す