来年5月1日、「平成」から新しい元号に変わるが、政府は元後も「平成」を一定期間使い続ける検討に入ったと、朝日新聞が報じた。

となるのは行政機関民間機関など、複数がネットワークでつながっているシステムで、納税や年金支給などで想定される混乱を避ける狙いだという。

IT業界ではかねてより、元号が変わることで「2000年問題」と同じようなコンピューターシステムがうまく移行できないトラブルが起こるのではと懸念されていた。しかし、天皇陛下の退位が決まってからも、新しい元号表時期については、日テレNEWS24によると、「官庁のシステムなどへの影現在調べていて今年のできるだけい時期をめるもあるが、政府内には『あまりいと盛り上がらなくなる』との摘が出て今年の年末以降で検討している」というのんきな議論もあったようだ。

結局、新元号表は、天皇陛下の即位30年を祝う来年2月24日の記念式典後とする方向で調整に入ったとされているが、正式決定はいまだされていない。この件について、Twitterでは、

“こういうことが起こらないよう、くから退位を宣言し、元号の切り替えで混乱が生じないようにしようとの「御計らい」なんじゃなかったっけ…”
“何のために陛下が生前退位を決めたのか…”
“これって、どう考えても余計混乱するだけだと思うんだが”
“今回は事前に分かっているにも関わらず元号システム変が間に合わないかもしれないと言うの状況”(原文ママ

批判が殺到している。また、

混乱々を言うなら、西暦にすれば良いと思うんだけどね…的な書類とか、いつまでも和使うのは合理的じゃない”
元号を「文化」として残すのは敢えて反対はしないけれども、もういいかげんこういうシステム的な書類は全て「例外西暦で統一」した方が良い”
“そんなにめんどくさいなら、元号やめちゃえばいいのに。その度に余計なお金使うのはドブに捨てるようなものだし”

と、この機会に、的な記録は元号ではなく西暦で統一することを望むも多い。このほか、

天皇陛下システム屋にとってありがたいお話をしてくださったのに、行政や一部の自称義者が決定の遅らせたりヘンな決定をしてくれるおかげで、現場は動きたくても動けず結局元時にデスマーチになりそう”(原文ママ
“これシステム屋さんに内々で打診したら納期とか予算の関係で応札断られた結果こうなったんじゃないかな?”

IT業界内部のとみられるツイートもあった。

元号の発表時期ですら決まらない状況のため、西暦の採用という新しい制度など望むべくもないが、本当に「混乱を避ける」狙いがあるのなら、々に表するべきだろう。
飛鳥 進)

■関連リンク
元後も「平成」利用へ 納税や年金システム混乱回避
https://www.asahi.com/articles/ASL5D4T75L5DUTFK004.html

・新元号表時期 政府が年末以降で検討
http://www.news24.jp/articles/2018/01/22/04383529.html

・新元号表、来年2月以降=陛下即位30年式典に配慮-政府調整
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030600905&g=ryl