マルセロの息子とレアルの選手たちがヘディングパス交換、連続12人成功からシュート

 スペインの名門レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロの息子が、レアルの選手12人と共同で驚愕のテクニックを披露したと欧州メディアを中心に話題となっている。マルセロが自身の公式インスタグラムで動画を公開し、スペイン紙「AS」も「凄い!」と衝撃を受けているようだ。

 ブラジルサッカー連盟は14日、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むブラジル代表23名を発表。ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)やフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン)らに加え、マルセロも順当に選ばれている。

 そんなマルセロの愛息エンゾくんが、レアルの選手たちとタッグを組んで圧巻のスキルを見せた。マルセロが公式インスタグラムで公開した動画は、レアルのロッカールームに8歳のエンゾくんが立ち、レアルの選手たちがずらりと椅子に腰掛けている場面からスタートする。

 座っていたレアルの選手がふわりとボールを投げ、エンゾくんがヘディングでリターンパスをすると、ここから“ショー”が始まった。レアルの二人目がヘディングで返し、エンゾくんもそのままヘディングで戻す。そのままボールを落とさずに交互にヘディングリフティングを続け、途中で父親のマルセロともパス交換。そのまま11人連続成功となり、最後はレアルの主将DFセルヒオ・ラモスと交換し、エンゾくんが白いボックスにヘディングシュートを放った。


レアルのロッカールームで「マルセロの息子がショー」と絶賛

 ボールが見事にボックス内に吸い込まれると、まるで“劇的決勝ゴール”を決めたかのようにレアルの選手たちが歓喜。エンゾくんをすぐさま取り囲み、胴上げのように持ち上げ、その場は狂喜乱舞となった。

 マルセロの息子エンゾくんとレアル12選手の“ヘディングチャレンジ動画”は大きな反響を呼んでおり、16日の投稿ながら早くも再生回数が370万回を突破。スペイン紙「AS」が「凄い! マルセロの息子が魔法を魅せた」と伝えれば、ポルトガル紙「レコルド」も「レアルのクラブハウスで、マルセロの息子がショーを披露」と絶賛している。

 父親のマルセロは息子の成功が嬉しかったのだろう。インスタグラムに「父の誇り!」と記し、ファンからも温かいコメントが相次いでいる。


(Football ZONE web編集部)

マルセロの息子が、レアルの選手12人と共同で驚愕のテクニックを披露【写真:Getty Images】