16日、『矢口真里の火曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。矢口真里と芸人の岡野陽一がMCを務め、アイドルをスタジオに招いて本音を引き出すトークバラエティ番組だ。

 この日は直前に放送された、千鳥の2人がMCを務める『チャンスの時間』にも出演していた矢口。『火曜The NIGHT』以外にもAbemaTVのさまざまな番組に出演しており、岡野が「いちばん出てるんじゃないですか? アベマで」と聞くと、矢口は「そろそろクレームくると思うよ」と返す。


 その真意を掴めなかった岡野が「なんで? なんでですか?」と問い詰めると、矢口は「(千鳥の)ノブさんにね、“アベマの主”って言われたんですよ」と明かし、これには岡野も「分かる! 本当に!!」と手を叩いた。

 矢口は「私的にはすごく嬉しいしありがたいんですけど」と前置きしつつも、「視聴者が嫌がってくると……呼ばれなくなるんですよ」と過剰な露出によるリスクを懸念。「“さじ加減”ってものが必要なのかなって思いはじめましたよ」と語った。


 その後も矢口は「(チャンネルを)回しても回しても『また出てる』みたいな」と、自分が飽きられてはいないかと心配していたが、視聴者からは「よっ“アベマ女”」といった好意的なコメントが寄せられていた。


(C)AbemaTV