宝直人 Birthday LIVE 2018 Home My Home」が、宝の誕生である7月千葉東京愛知で開催される。宝に話を聞いた。

【チケット情報はこちら】

7歳で劇団四季ミュージカル美女野獣』でチップ役として初舞台を踏んで以来、ミュージカルを中心に活躍し、今年5月にはロンドンウェストエンドで『TRIOPERAS』に挑戦する宝。その30歳を記念して行われる今回のコンサートは、出身地である千葉市川、活動の拠点である東京では歌を中心に、愛知では宝がボーカルを務めるロックバンドシアタイプ」をゲストバンドライブを中心に披露するという。

30歳の節に今まで応援してくださった方はもちろん、最近知ってくださった方にも楽しんでいただけるようなコンサートにしたいと考えています。市川東京では、ミュージカルナンバーを中心に。自分が関わった作品や自分を育ててくれた作品の楽曲を歌いたいです。愛知は会場がZepp NAGOYAということで全然違うものになりそうです。シアタイプスペシャルライブがしたいですね」と宝。ミュージカルナンバーは「ディズニーがなければ今の自分はないと感じているので、出演したディズニー作品の楽曲は歌おうと思っています。普段は歌えないような女性の曲も歌いたいですね」。千葉東京は10人以上編成のオケを予定しているそうで、「は5、6人編成が多かったのですが、今回は節ということもあって大きめに」

構成から宝が考え、つくりあげるコンサート。「は個人的にコミュニケーションが得意ではないので、歌は自分の表現したいことや自分の中にあるものを出すツールのひとつになっていて。だからコンサートは“自分という人間を表現する場”なんです」と大切な時間だ。

30歳という節の年。「今年は初めて海外の作品に出演しますし、チャレンジが多い1年になるだろうなと思っています。今は、密なストレートプレイミュージカル海外での挑戦も含め、いろんなものを吸収していかなきゃいけない時期だと思っているので、未来の大きいビジョンというよりも、そういうものを貪欲に手に入れたいなという気持ちが強いですね」

新たなチャレンジっ最中にいる宝の「今」を伝えるコンサート。ぜひ会場に足を運んで、その勢いを体感してほしい。

演は、7月7日(土)に千葉市川市文化会館 大ホール7月11日東京東京オペラティ コンサートホール7月16日・祝)に愛知Zepp NAGOYAにて上演。チケットは発売中。

取材・文:中川

海宝直人