電通、電通デジタル、データアーティストの電通グループ3社は5月16日、共同でAIを活用したバナーの自動生成ツール「ADVANCED CREATIVE MAKER(β版)」を開発したことを発表した。

同ツールは、過去に配信されたインターネット広告バナーの表現とクリック率実績を、ディープラーニングを用いて分析することで、パフォーマンスの高いバナーの効率的な生成をサポートするもの。およそ5秒間に1枚のバナーを生成することが可能で、短時間に候補となり得るバナーを1000枚以上生成し、その中から特に優れた10~20案を利用することを想定しているという。

具体的な「ADVANCED CREATIVE MAKER(β版)」の仕組みとしては、まず入力された「キーワード」「訴求軸」といったオリエンテーションに対して、1つ目の予測エンジンが、パフォーマンスが高いと考えられるクリエーティブ要素を割り出す。

次に、その候補に基づき、自動生成ツールがバナーのデザインを組み上げていき、電通オリジナルのAIコピーライター「AICO」がコピーを生成。出来上がったクリエーティブを、2つ目の予測エンジンが、より精緻にクリック率をシミュレーションし、効果が高いと予測されるものを残す。そして、最後に、人の手で仕上げを行い、完成するという流れだ。

なお、同ツールは、グループ横断プロジェクトチーム「AI MIRAI」の活動の一環として、電通デジタル「アドバンストクリエーティブセンター」が中心となって開発された。
(辻)

画像提供:マイナビニュース