5月11日東京渋谷CLUB QUATTROにてT字路sとハンバート ハンバートによるツーマンライブ「PIT VIPER BLUES T字路s スペシャル2マン」が開催された。

【大きな画像をもっと見る】

T字路sの企画として行われた本演で、男女デュオである2組はそれぞれサポートメンバーを入れずにライブを披露。先攻を務めたハンバート ハンバートギターの弦の袋をなかなか捨てられない話などで観客を笑わせてから、加良「教訓I」のカバーライブスタートさせた。その後も軽快なトークを挟みつつ、代表曲「おなじ話」や7月25日発売の結成20周年記念アルバムFOLK 2」に収録される新曲「永遠の夕日」を届けた2人は、佐藤良成(G, Violin, Vo)のピアノに合わせて佐野遊穂(Vo, Harmonica)が歌う「台所」を披露。さらに佐藤ピアノを弾きながらメインボーカルを担当する「おかえりなさい」「虎」で会場をしっとりとした空気で包み込んだのち、佐野によるハーモニカの音色と共にT字路s「泪」をカバーして観客を沸かせた。

続けてハンバート ハンバートは「がんばれちゃん」やMONGOL800小さな恋のうた」を歌唱。「おいらの船」でNirvanaSmells Like Teen Spirit」のフレーズを曲中に挟む演出で観客を楽しませた2人は、佐藤バイオリンを弾く「ホンマツテントウ」を陽気にパフォーマンスしてT字路sにバトンをつないだ。

この日、約2カぶりにライブを行ったT字路sはまず「と豆」「束」を立て続けに披露。MCではハンバート ハンバートが「泪」をカバーしたことについて、伊東妙子(Vo, G)が「うちらよりカッコいいんじゃないか、やりづらくなっちゃったよって! 遊穂ちゃんのに合っていてよかったですね」とうれしそうにコメントした。その後「鐘は鳴る」や「交差点」などを次々にパフォーマンスした2人は、Aのコードから始まる“新曲A”とCのコードから始まる“新曲C”を初披露。別れを歌った「最後の手紙」などでファンを魅了したあとには、グッズ紹介を経て、2015年6月発表のカバーアルバム「Tの讃歌」より佐藤レコーディングに参加した浅川マキ少年」のカバーを届けた。

さらにカンスシティバンド「新しい町」や、映画「下衆の」の題歌「はきだめの」を披露したT字路sは、「泪」を熱演。会場を大いに盛り上げた2人は、間奏で伊東ギターソロ篠田智仁(B)のベースソロが繰り広げられる「T字路sのテーマ」でライブ本編を終えた。

アンコールでは、伊東佐野ステージに並んでハンバート ハンバートの「おなじ話」をデュエット伊東強い歌佐野の優しい歌が交差しながら会場にきわたった。そしてオーディエンスから盛大な歓と拍手が送られる中、篠田佐藤ステージに登場。西岡恭蔵「プカプカ」とT字路sのナンバー「これさえあれば」が2組によるコラボレーションで披露され、ツーマンライブが締めくくられた。

なおT字路sは11月東名阪クアトロツアー「T字路s ワンマンツアー "PIT VIPER BLUES"」を開催する。

T字路s×ハンバート ハンバート「PIT VIPER BLUES T字路s 春のスペシャル2マン」2018年5月11日 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

ハンバート ハンバート

01. 教訓I(オリジナル:加良)
02. おソウシキごっこ~おなじ話
03. 永遠の夕日
04. 台所
05. おかえりなさい
06. 虎
07. 泪オリジナル:T字路s)
08. がんばれちゃん
09. 小さな恋のうたオリジナルMONGOL800
10. 国語
11. おいらの船
12. ホンマツテントウ

T字路s

01. と豆
02.
03. 鐘は鳴る
04. その日暮らし
05. 交差点
06. 新曲A(タイトル未定
07. 新曲C(タイトル未定
08. 最後の手紙
09. 流れ者
10. 少年オリジナル浅川マキ
11. 新しい町(オリジナルカンスシティバンド
12. はきだめの
13. 泪
14. T字路sのテーマ

T字路s×ハンバート ハンバート

01. おなじ話 / 伊東妙子、佐野遊穂
02. プカプカ(オリジナル西岡恭蔵)
03. これさえあれば

T字路s 秋のワンマンツアー“PIT VIPER BLUES”

2018年11月3日(土・祝)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
OPEN 17:00 / START 18:00

2018年11月4日(日)東京都 渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 17:00 / START 18:00

2018年11月22日(木)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
OPEN 19:00 / START 20:00

「PIT VIPER BLUES T字路s 春のスペシャル2マン」の様子。