スズキは16日、ハッチバックタイプの小型乗用車「バレーノ」の1.0Lターボエンジン搭載車における使用燃料を、プレミアムガソリンからレギュラーガソリンに変更して発売した。「バレーノ」は、インドの子会社であるマルチ・スズキ・インディアにて生産し、日本で輸入車として販売するスズキのグローバルコンパクトカーである。

小型乗用車「バレーノ」は2016年3月から国内で販売を開始し、1.2L自然吸気エンジンと1.0Lターボエンジンの2種類を設定している。今回は、1.0Lターボエンジンを1.2L自然吸気エンジンと同じく経済的なレギュラーガソリン仕様に変更することで、より幅広いユーザー層に訴求を図る。「バレーノ」の価格は、172万8,000円(税込)。
(木下健児)

画像提供:マイナビニュース