【元記事をASCII.jpで読む】

 NTTドコモは、主に法人市場向けにパナソニックモバイルコミュニケーションズ製のラグド系スマホ「TOUGHBOOK P-01K」を提供する。今夏の発売予定。

 TOUGHBOOKはブランド名からもわかるように、各種現場作業で通信/通話が必要なユーザーに向けた製品。特に耐衝撃性能にこだわっており、MIL規格準拠のテストよりも過酷な1000回連続落下、1.8メートルの高さから26方向での落下などのテストを行なっている。ディスプレー部もAGC製強化ガラス「Dragontrail Pro」を採用。液晶保護フィルムも標準で貼り付けており、300gの鉄球を80cmの高さから落とす試験をクリアしているという。

 MIL規格準拠のテストをクリアしているのは17項目(落下、衝撃、振動、風雨、浸漬、温度、粉塵、耐日射、高温/低温運転、高温/低温保管、温度衝撃、着氷、凍結融解、低圧力運転、低圧力保管)。マイクを3ヵ所に設置するとともに、ノイズサプレッサー機能で騒音環境下でも通話が可能なほか、濡れた状態の手や手袋を付けていても操作できるモードが用意されている。


世界の現場で働く人に パナ「TOUGHBOOK」スマホがドコモから