一般社団法人日本自動車連盟(JAF)佐賀支部(支部長 前田)は6月2日(土)、東佐賀自動車学校(上峰町)で開催される交通安全イベント「交通安全運転大会」にて、シートベルト着用率向上のための啓発活動をおこないます。
昨年10月JAFと警察庁合同で調したシートベルト着用状況調結果※では、佐賀県の一般における後部座席シートベルトの着用率が15.1と低かったことから、模擬衝突体験機「シートベルトコンビンサー」で時速約5キロの衝突体験を通じて、シートベルト着用の重要性と非着用の危険性を認識していただくことを的としています。
シートベルト着用状況全調2017)…http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/data/pdf/sb2017.pdf

****************************************************
交通安全運転大会
日 時  2018年6月2日(土)10:00~15:00
会 場  東佐賀自動車学校(三養基上峰町坊所1550-3)
 催  東佐賀自動車学校
内 容  シートベルトコンビンサー(模擬衝突体験機)
※小決行
****************************************************
体験風景

配信元企業:一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ