ソフトバンクグループのSBドライブは5月16日、兵庫県の播磨科学公園都市にある理化学研究所播磨事業所敷地内において、2018年5月20日から23日までの4日間、自動運転EVバスの実証実験を兵庫県などと共同で実施すると発表した。

今回の実証実験では、車や自転車、歩行者が混在する環境の中、理化学研究所 播磨事業所の北管理棟から研究交流施設までの往復約1.7キロメートルのルートを、ハンドルや運転席がない自動運転EVバス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」が自動運転システムが全ての運転タスクを実施する「自動運転レベル3」で走行。ルートには、食堂や研究交流施設など5カ所の停留所を設け、理化学研究所の職員や来訪者に播磨事業所敷地内の移動手段として利用してもらうことで、実用化に向けた検証を行う。

SBドライブは、ルート設定などの走行準備や、自動運転EVバスと遠隔運行管理システム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を提供する。
(安川幸利)

画像提供:マイナビニュース