全3部作のアニメーション映画GODZILLA』の第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』より、日本の高層タワーコラボしたポスター開された。ゴジラ映画史上最大サイズの体高300mを誇るゴジラアースの巨大さがわかるビジュアルとなっている。

 2万年もの間、地球に君臨し続けてきたゴジラを倒そうと奮闘する人類の姿を描く同作。第2章では、ゴジラアースを倒すためにシリーズ不動の人気を誇るメカゴジラが新たな姿で登場することも注を浴びている。

 今回開されたポスターでは、さっぽろテレビ塔147m)、東京タワー333m)、名古屋テレビ塔180m)、京都タワー131m)、福岡タワー234m)とコラボ

 これらのタワーはこれまでゴジラ映画ゴジラ怪獣に破壊されてきたランドマークでもあり、さっぽろテレビ塔は『ゴジラVSキングギドラ』(1991)、東京タワーは『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(2003)など、名古屋テレビ塔は『モスラ対ゴジラ』(1964)、京都タワーは『ゴジラVSメカゴジラ』(1993)、福岡タワーは『ゴジラVSスペースゴジラ』(1994)に登場した。各タワーと並ぶと今回のゴジラアースの大きさが一でわかり、ほぼ東京タワークラスゴジラアースがどのような活躍を繰り広げるのか期待が高まる。(編集部・吉田

映画GODZILLA 決戦機動増殖都市』は5月18日より

日本全国のタワーとコラボ! - (C) 2018 TOHO CO., LTD.