テレビ東京ほかにて放送中の「青春高校3年C組」のParavi限定で配信されているプレトークで、三四郎・相田周二が佐久間宣行プロデューサーに“オラオラ”キャラを発揮する一幕があった。

ことの発端は、5月9日に放送された「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、中井りかがパーソナリティを務め、パートナー役に三四郎・小宮浩信、そして飛び入りゲストに佐久間Pが登場したというトークから。

あまりにも「3年C組」すぎるメンバーに、1人だけ呼ばれなかった相田は「俺も呼べよ!」と叫ぶも、中井から「相田さんと佐久間さんだったら佐久間さんですよ」とチクリ。

すると相田は佐久間Pへ向けて「チクショー出たがり!」と悲鳴を上げ、出演陣からの笑いに包まれた。

また、5月16日放送の「AKB48のオールナイトニッポン」は念願叶い、パートナー役に相田が出演。しかし、パーソナリティに指原莉乃、ゲストにリリー・フランキーという予想外のメンバーに、相田は少し不安そうな様子も見せていた。(ザテレビジョン)

「青春高校」のほか、「ゴッドタン」でも“オラオラ”キャラを発揮する三四郎・相田周二