しかし欧米では、一般家庭の自家製ビールを意味することもある。日本人が梅酒を作るのと同じような感覚で、欧米ではビールが作られる。ということは、家庭用ビール醸造機が存在するということだ。

国際的クラウドファンディングサービスを覗いてみても、それを窺い知ることができる。

・シンプルすぎる操作性

ビール醸造機自体は今や珍しいものではないが、ここでご紹介する「HOPii」は他の製品が無骨に思えてしまうほどのスリムな設計が特徴だ。

見た目はまるでポットのようでもある。キッチンのどこに置いても馴染んでしまうデザインだ。そして使用者はスマートフォンのアプリでビール醸造キットを取り寄せる。これは予めパッケージ化されていて、本体の差込口に入れてモード設定をすればそれで準備完了。あとは最短1週間で、3Lのビールを生産できる。

あまりにシンプルすぎて、他に書くことが見当たらないほどだ。開発者も「ワンタッチ醸造」というキャッチフレーズを前面に押し出している。

さらにHOPiiには、オートクリーニング機能というものもついている。こちらもモード設定から選択でき、本体を分解せずとも内部の汚れを取ってくれるというものだ。

・日本へも発送可能だが

驚くほど簡単にビールを醸造できるHOPiiは、クラウドファンディング「Kickstarter」で299ドル(約3万3600円)からの出資を募っている。

発送予定は来年6月。日本からの出資も可能で、その場合は169ドル(約1万9000円)の配送料金がかかる。

しかし、やはり日本での使用は難しいと言わざるを得ない。我が国では酒税法により、ビール醸造は厳しく制限されている。もちろん、HOPiiで作ったビールも例外ではない。最悪、検挙の対象になってしまうので注意が必要だ。

Kickstarter

※序文書き直し スタイリッシュなデザインが評判の家庭用ビール醸造機「HOPii」