日本に上陸したばかりのGoogle Wifi。その奮冷めやらぬうちに、くも新機が追加され、話題を集めている。

・接続強化のための機能

Google Wifi最大の特徴の1つが、複数の端末で簡単にメッシネットワークが構築できること。メッシネットワークは従来、同じメーカールータでしか作れなかったが、Wi-Fi EasyMesh規格に準拠するルータ同士であれば、メーカー横断のメッシネットワーク構築が可となる。Broadcomを筆頭に、数社がこの規格のサポートを表明。今後も増える可性は、十分あるだろう。

グーグルが調べたところ、過去1か間でGoogle Wifiネットワークには、均して約18台のデバイスが接続されていることが、判明した。この複雑化されたデバイスの接続ステータスの追跡が容易になる、というのがアピールポイントだ。

・数週間以内にアプリを通じて全ユーザーに公開

今回新たに加わったのは、個々のデバイスが、ネットワーク上でどのように動作しているかを、確認できる機。自宅の中で、どのデバイスがどこで、接続に悩まされているのかを、いちく発見するのに役立つ。ネック箇所を見つけたら、デバイスルータに近づけるか、またはデバイスルータを近づけて、接続を強化すればいい。

新機は、今後数週間以内に、アプリを通じて、Google Wifiの全ユーザー開される予定。

souce by blog.Google

Google Wifiに早くも新機能追加!各デバイスの動作確認が可能に