嫁姑間におけるギフトの実態調査

楽天ママ割は、全国の子どもと夫の母親(姑)を持つ20代から40代のママである女性300名と、息子とその嫁を持つ50代から70代の姑である女性300名を対象にイマドキ嫁姑間におけるギフトの実態調査を実施しました。



約7割以上が母の日に贈り物を贈っている

嫁側であるママに、姑へ贈ったことがあるモノをシーンごとに尋ねました。贈り物を贈ったことがあるシーンの1位は「母の日」74.7%でした。母の日は約7割以上のママが贈り物をしており、嫁姑間のビックイベントの一つとなっています。また、「日頃のお礼」34.3%と、約3人に1人に以上のママが記念日や年中行事でない時も贈り物をしている結果となりました。



続いてママに対して「姑への贈り物が負担だと感じることがあるかどうか」を聞いたところ、「よくある」と答えた人は15.5%、「ある」と答えた人は31.8%でした。「よくある」と「ある」と答えた人を合わせると、4割以上(45.3%)のママが負担を感じることがあると回答しています。



イマドキ姑が求める母の日ギフト

嫁側であるママに姑に「母の日」に贈ったものがあるもの、姑に嫁から贈られて嬉しい「母の日の贈り物」を尋ね、嫁姑のギフトに対する考えを比較しました。嫁側であるママが贈ったことがあるギフトは「花」や「市販のスイーツ」、「服・ファッション小物」などの定番ギフトが上位になりました。



「手作りの食べ物」、「旅行」は、贈ったことがある嫁の割合に比べ、贈られて嬉しいと回答した姑の割合が13倍、6倍となり、嫁が思っているよりも姑が喜んでいる結果となっています。また、代行サービスは、贈ったことのある嫁は0%で、贈られて嬉しい姑は1.7%と、思っているよりも需要があることがわかりました。



イマドキの嫁姑関係

最後に「嫁姑関係」について質問したところ、約8割のママは嫁姑関係に「良い」と答え、約9割の姑は「良い」と答えており、イマドキの嫁姑は良好な関係を築いている傾向が明らかになりました。



参考サイト

楽天株式会社 プレスリリース(PRTIMES)



姑へのギフトシーン1位『母の日』イマドキ嫁姑のギフト実態調査