周辺にもなく、もなく、人里離れた場所に位置する秘境駅広大自然に囲まれ、不思議な雰囲気に包まれた希少なして、列車に出かけよう。

【写真を見る】写真中央に見えるのが、エメラルドグリーンの湖に浮かぶ「奥大井湖上駅」だ

エメラルドグリーン渓谷に囲まれた秘

「南アルプスあぷとライン(大井川鐵道井川線)」(静岡県根本町)は、千頭井川を結ぶ25.5kmの路線だ。路線上には普通鉄道日本一の急勾配があり、坂専用歯車が付いたアプト式列車で走行する。現在アプト式列車が運行しているのは、日本ココだけ!

接岨(せっそ)に突き出た半島部分にあり、レインボーブリッジん中に位置する「大井」は、中部選の1つ。エメラルドグリーンに浮かぶこのでは、線路のわきを歩くことができ、スリルを味わえる。また、標高686mにある終点井川」にも行ってみよう。ひなびた情が漂う舎が特徴で、近くの売店では、井川シイタケなどの特産品が買える。

■ 山の中にたたずむ古きよき

愛知県豊橋駅長野県辰野駅を結ぶ「JR飯田線」(愛知県豊橋市)の大嵐間には、山の中に位置する秘境駅が多くある。期間限定で飯田線秘境駅号が不定期運行され、では特産品の販売なども行われる。天竜川のつりを徒歩で渡ってたどり着くことができる「為(してぐり)」は、難読駅名としても有名。ほかにも、古きよき木造舎が魅の「小和田(こわだ)」はまでの道路が通じておらず、電車に乗らないと行けない、まさに秘の地だ。

日本一長いケーブルカーの中間に根を下ろす

全長2025mを誇り、日本最長のケーブルカーとして有名な「坂本ケーブル」(滋賀県大津市)。内からの眺めもよく、琵琶湖を大パノラマで望める。のなかにひっそりたたずむ「ほうらい丘」は厳かで、秘的な雰囲気が感じられる。「もたて山」はホーム登山にあり、急勾配に位置する秘境駅として知られている。どちらもで、乗降がなければ通過してしまうので注意しておこう。(東海ウォーカー東海ウォーカー編集部)

急勾配の橋を上るアプト式列車。高さ109mの巨大な長島ダムを一望できる