熊本出身の政治家松野頼三氏、も元衆議院議員松野頼久氏という系に生まれ、ミス日本グランプリの受賞歴もある、まさに正正銘のお嬢様松野未佳。

そんな彼女が発売中の『週刊プレイボーイ22号に登場、なんと初めての水着グラビアに挑戦! プールサイドで明るい笑顔を浮かべたり、室内でしっとりとした姿を見せたり…まさしくお嬢様らしい、瑞々しくて品のあるカットに心を奪われること必至だ。

そこで今回の撮影秘話やお嬢様としての日常、また最近出演し、話題となったCMハズキルーペの撮影秘話までを聞いた。

―驚きましたよ! 元ミス日本グランプリにして、衆議院議員だった松野頼久さんのお嬢様でもある松野未佳さんが、週プレの水着グラビアに出ていただけるなんて! 最初に今回のお話が来た時の心を教えてください。

松野 私、ずっとグラビアをやりたかったんです。高校の頃から篠崎愛さんや中村静香さんのような、胸が大きくて女性らしい体グラビアアイドルに憧れてて。だからお話をいただいた時、同じように自分が出られるなんてって、嬉しさで驚いちゃいました!

グラビアアイドルが好きとは意外です! 撮影で緊などは?

松野 初めてだったので少し不安はありました。でも特に色っぽく撮ってもらったカットは感動しちゃって。普段、から「色気がない」って言われるので、自信にもなりました(笑)

―色気がないなんてとんでもない~。体もすらりとして、見事に締まっていますね。

松野 恐れ入ります。私、筋肉質体で、大好きな丸みのある体にはなれないので、せめて痩せなきゃとダイエットして。3日前からは何も食べずに撮影に臨みました。食欲に負けそうになるたび、週プレさんを見て、自分を奮い立たせましたね。

―3日間、断食!? 相当、頑ってくれたんですね。さすが元ミス日本というか意識が高い! 元々、そちらは自分で応募したとか。

松野 そうです。引っ込み思案で、人前に出たいなんてそれまで思ったこともなかったんですけど、たまたま興味が湧いて。でもまさかグランプリをいただけるとは、自分でも思っていなかったです。名前を呼ばれた間、怖くなっちゃいました。

―いやいや(笑)美しい上、上品だし納得です。系も話題になりましたが、お父さんは未佳さんがミス日本になった時、どんな感じだったんですか?

松野 いろんな方にお電話していました。でも「理だからやめなさい」とか「未佳は出なくても十分可愛いよ」なんて散々反対していたんですけどね。ひどい手のひら返しです(笑)

―あははは。TVなどでは厳格なイメージがありますけど、普段はどんなお父さんなんですか?

松野 すごく優しいです。怒られたこともないし。あ、でもミス日本になって安倍首相を表敬訪問したんですけど「安倍さんはパパより素敵だった」って冗談で言ったら、ムッとしていました(笑)

―それはそうですよ(笑)。今回のグラビアについては?

松野 いや、それが…。実は何も言ってないんですよ。

―えっ、内緒ですか? 編集部は怒られないですか(こわごわ)?

松野 大丈夫。素敵に撮っていただいたし喜んでくれますよ。

―よかったです(ほっ)。

この続き、後編は明日開予定!

(取材・文/大野智己、撮影/渡辺達生、取材撮影/武田敏将)

松野未佳(MATSUNO MIKA










1995年7月29日生まれ 熊本県出身 ○「ハズキルーペCM舘ひろしと共に出演していたあの美女。活動の詳細は所属事務所公式ホームページまで!【http://kdash.jp/kpark/】

松野未佳グラビアは『週刊プレイボーイ22号に掲載!

大物政治家ファミリーのお嬢様でミス日本グランプリのセレブ美女が水着グラビア!「実は、父には何も言ってないんですよ…」