映画アベンジャーズインフィニティ・ウォー』(ドクター・ストレンジ役)やShowtimeの『Patrick Melrose』(原題)に出演しているベネディクトカンバーバッチは、『ラジオタイムズ』誌に、業界に未だにはびこっているという男女のギャラの不等問題について、手本となる発言をした。


「ギャラと機会の等は、フェミニズム根本となる信条です。自分のギャラを見てみてください。女優のギャラを聞き、もしそれが男優のギャラより少ないなら、その仕事は断るべきです」

カンバーバッチは、自身が新しく作った制作会社SunnyMarchで、女性が多く登場する作品を作ろうと考えている。

々の制作会社の男性スタッフは、(パートナーの)アダム(・アクランド)とだけだということを誇らしく思っています。新しいプロジェクトは、環境災害の中での母親業を女性線で描いた女性フォーカスした作品です。投資たちがの名前の食いついてくれるなら、それを女性のためのプロジェクトに使いたいと思っています。観客の半分は女性なのですから!」

今のところファンの反応は非常にポジティブだが、役の大きさに関わらずビッグネームスターへのギャラは例外だと考える人もいる。例えば、マーク・ウォールバーグの事務所は、『ゲティの身代』でアカデミー賞ノミネート女優ミシェルウィリアムズよりもずっと多いギャラを彼に与えていたし、マットスミスは『ザ・クラウン』の両シーズン女王を演じたクレア・フォイよりも多いギャラを稼いでいた。エヴァン・レイチェル・ウッドは『ウエストワールド』の役で、シリーズを代表する顔であるにかかわらず、他の男性出演者たちよりもギャラが低かった。

「同等の仕事に対して等なギャラを支払うべきだとしてくれてありがとうベネディクトカンバーバッチ。こうした立場を取ってくれるリーダーは、どの業界にも必要だわ。#に透明性を」

■参照リンク
https://www.moviefone.com/

ベネディクト・カンバーバッチ、男女のギャラが平等でなければ仕事を断るよう俳優陣に呼びかける