NTTデータと日本電信電話(NTT)は5月16日、NTTのAI関連技術(corevo)の1つである生活習慣病の発症リスク予測技術の保険業界での活用に向けて、保険会社の商品開発や加入時の査定、加入後の健康改善などにおける有効性を検証するため、無償トライアルに賛同する保険会社を募集すると発表した。

これまで、健診データの分析では、継続して受診していない場合のデータの抜け漏れや、一定期間のみ受診結果を保有している場合の期間限定のデータ、数少ない疾病の発症を扱う場合の少量のサンプルデータなどにおいて、高精度なデータ分析を実現するには課題があった。

そこでNTTは、不均質および希少なデータであっても、高精度な分析を実現するため、データ保有期間の短い未発症者のデータも用いたランキング学習を行い、健診データをもとに生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症)の発症リスクを予測する技術を実現。発症リスク予測技術は、NTTデータが提供するヘルスデータバンクの一部利用団体における健診データ分析事業(約10万人×最長6年分)に適用された実績があり、高い予測精度が得られることを確認しているという。

今回、保険会社とのトライアルについて、発症リスク予測技術を試用するための環境をNTTデータが提供。検証を希望する複数の保険会社と、予測技術の有効性を検証する。

受付期間は2018年6月末まで。受付後に、保険会社とNTTデータで検証計画を刷り合わせ、保険会社の準備する検証用データをNTTデータで預かり、予測技術を適用し、予測結果を保険会社に返却する。予測結果に基づき、技術の有効性や導入へ向けた課題などを保険会社と共に検証していく。

AIのことがもっとわかる!
【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門
(安川幸利)

画像提供:マイナビニュース