<大相撲夏場所>◇四日目◇5月16日◇両国国技館


 新三役として夏場所に臨み、三日目には大関・豪栄道(境川)を破っている小結・遠藤(追手風)が、前頭二枚目でまだ初日の出ていない阿炎(錣山)に突き出しで“まさか”の1敗を喫した。


 初顔合わせとなった両者の一番は、立ち合いから阿炎の突きが冴える。あっという間に土俵際に追い詰められた遠藤は一度目こそ堪えたが、二度目の巻き返しはなく、力なく突き出されてしまった。


 AbemaTVで解説を務めていた元前頭・大碇の甲山親方は、「阿炎は突き出しがパワーアップするのに比例して番付を上げてきている。遠藤としては思っていた以上にパワーがあったのでは」と、遠藤の気の緩みを指摘するとともに、阿炎の鍛錬を称賛していた。


 AbemaTVでは、大相撲夏場所の模様を序ノ口から結びの一番まで、全取組を生中継している。

(C)AbemaTV

▶大相撲LIVE 夏場所