ロシアW杯を裁くアジア審6人の一人として選出も内で不正行為発覚 過去にはW杯予選の日本戦でもを吹く

 サウジアラビアサッカー連盟は16日、6月ロシアワールドカップW杯)で審を務める予定だったサウジアラビアファハド・アルミルダシ審が、サウジアラビアキングス・カップ決勝で八百長を試みようとした疑いで摘発され、永久資格停止処分を下した。英公共放送BBC」などが一斉に報じている。

 アルミルダシ審は12日のサウジアラビアキングス・カップ決勝でアル・イテハド対アルファイサリー戦(3-1)を裁く予定となっていた。しかし試合を控えるなか、アルミルダシ審はアル・イテハド側に有利なジャッジをする代わりに銭をめていたという。結局、その行為が発覚して試合の担当から外され、代わりにイングランド人のマーククラッテンバー審が裁き、アル・イテハドが3-1でアルファイサリーを下して優勝を飾った。

 サウジアラビア連盟は、アルミルダシ審が警察拘束された後、不正を認めたと明かしている。同審はこれまで2015年11月12日W杯アジア予選シンガポール日本戦をはじめとした日本代表戦や、AFCチャンピオンズリーグでJクラブの試合も担当してきた。また2017年FIFAコンフェデレーションズカップでもを吹くなど際的な評価も得ており、ロシアW杯でもアジア審6人のうちの一人として選出されていた。

 国際サッカー連盟サウジアラビア側に詳細をめているという。W杯開幕が約1か後に迫るなかでの思わぬ不祥事となった。


Football ZONE web編集部)

サウジアラビアのファハド・アルミルダ̪シ主審が、八百長の疑いで摘発され、永久資格停止処分が下された【写真:Getty Images】