<大相撲夏場所>◇四日目◇5月16日◇両国国技館

 

 大関取りに向けて重要な夏場所で、初日から3連勝を飾っている関脇・栃ノ心(春日野)が小結・御嶽海(出羽海)を寄り切りで下して4連勝とした。


 AbemaTVで解説を務めていた元前頭・大碇の甲山親方は栃ノ心のお尻の筋肉に着目し「例えるなら競馬のパドックのようです。お尻が締まっている力士は強い。逆にお尻の筋肉が緩んでくると力も落ちてくるものです」と栃ノ心の強さに秘訣を話すと、話の矛先は勝者である栃ノ心から、敗れた御嶽海に及んだ。


 「御嶽海だってもろ差しの態勢になっているんですけど、全く歯が立ちませんでしたね。

まるで同じ三役力士の一番とはとても思えないほどでした」と、覇気のなかった御嶽海に苦言を呈した。


 AbemaTVでは、大相撲夏場所の模様を序ノ口から結びの一番まで、全取組を生中継している。

(C)AbemaTV

▶大相撲LIVE 夏場所