ワンダイレクション(1D)」で大ブレイクし、世界中の若い女性達を夢中にさせた各メンバー達。その中でも常に堂々としており「自信タップリ」な様子だったリアム・ペインだが、心の中では劣等感など大きな苦悩を抱えていたという。

まだ24歳でありながら、堂々とした様子からベテランのような雰囲気さえも感じられるリアム・ペイン。しかし彼が一躍トップアイドルになったのは、まだ10代の頃だった。当時は戸惑いもかなり大きかったらしく、「ワンダイレクション時代は、死んでしまうんじゃないかと思っていた」とメディアに明かした。

「1Dの頃はマジで死ぬかと思ったよ。(突如有名になって)どうすれば良いのか…(自分の中で)折り合いをつけていくしかなかった。」

14歳デビューし、ほんの子どもだった彼にとって“世界”はあまりにも大きな舞台だったもよう。そして自分と同じく人気メンバーになった仲間達とステージに立ち采を浴びながらも、リアムは複雑な心だったという。

「何度か、かなり苦しい気分になったね。バンド活動が始まって、有名になって…アレマジで死ぬほど怖い経験だった。」

時には「このメンバー達とツアーをする価値は、にはない」とさえ思っていたというリアム。そしてバンドの活動休止後はソロアーティストとしてデビューしたこともあり、いち早くバンドを脱退という形で離れたゼイン・マリクと同様に不安を感じ、ソロ活動については「考えただけでもぞっとした」そうだ。

なお今のリアムは同じように有名人として思期を過ごし、大人になった人々とよく話すのだそう。そしてセレブであるがゆえに抱え込む苦悩やストレスなどについて、じっくり話し合うという。

やかな生活を楽しんでいるように見えるセレブ達だが、常に人される苦悩は半端ではないようだ。ちなみにジャスティン・ビーバーも一時はずいぶん荒れていたが、「あのような環境で育ったのだから仕方がない」とったセレブ皆無ではなかった。一般人には分からぬ「もてはやされる苦悩」を抱えるセレブ達。彼らの一部がドラッグなどに依存しがちなのも、「普通の暮らし」からの断絶が一因なのかもしれない。

画像は『Liam Payne 2018年3月3日InstagramProud to pick up the Global Special Award at TheGlobalAwards last night!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト