桜花賞馬アーモンドアイ(牝3・美浦・国枝栄)が、クリストフ・ルメール騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを消化した。追い切り後、ルメール騎手と管理する国枝調教師が共同記者会見に臨んだ。

■ルメール騎手

(追い切りについて)
「とても良かったです。馬のコンディションが良さそうです。今日もリラックスして良い反応をしました。動きは問題なかったです。息も入りました。大丈夫そうです。2コーナーでちょっとゆっくり過ぎたので、ゴールの後にもうちょっと伸ばしました。今週はオークスという大きなレースなので、トップコンディションが必要ですね」

(トップコンディションになってきている?)
「なったと思います」

(桜花賞は強いレースだったが?)
「はい。僕はただのパッセンジャー(乗客)でしたね。直線では自分からすごく良い脚を使いました。アーモンドアイは切れ味のある走りをしますね。この間は素晴らしかった。後ろのポジションから1人勝ちでしたね」

(あれだけ伸びてくるとパッセンジャーとしてもスピードを感じた?)
「はい。すごく良い気持ちでしたね。特別な牝馬だと思います。そのまま(乗っているだけで)GIを勝つことができた。珍しいですね。だからもちろんオークスに勝つ自信がありますね」

(昨年と今年とどちらが自信ある?)
「今年です。去年のソウルスターリングも自信はありましたけど、桜花賞は負けました。距離がちょっと心配でした。今回は距離の心配はありません。桜花賞を勝ちました。だから日本一だと思いますね」

(2400mも問題ない?)
「大丈夫そう、いけそうです。レースの時はとても乗りやすいです。リラックスできます。どこのポジションにでも行ける。だいたい完璧な馬ですね」

(流れによっては中団でも?)
「そうですね。まあ普段はスタートがそんなに速くないです。だからいつも後ろのポジションになります。でも段々ペースアップできます。そして直線ですごく良い脚を使うので、心配していません。もしスタートが遅くても問題ないと思います」

(ストロングポイントばかり?)
「加速が強い、瞬発力が強いです。直線では手前を替えるけど、ずっと加速しますね。スピードアップします。それが珍しいですね。300mずっとスピードアップすることは珍しいですね」

(桜花賞の時は手前を何度も替えながらもスピードに乗っていたようだが?)
「そうですね。この馬らしいと思います。次のレースもそのままで走るかもしれないです」

(ウィークポイントは?)
「まだ見つけていません」

(直線追い出す時に合図を出す?)
「言葉は使わないです。馬が自分から出してくれますね。押した時はすぐ反応しますね。彼女は自分の仕事を知っています。強いレースホースだと思います」

(レースが楽しみ?)
「はい、もちろん楽しみですが、GIなので勝つ事は難しいです。他に良い馬がいますし、例えばラッキーライラックはリベンジをしにきます。もちろんスタート前は真面目にしなければなりません。スムーズなレースがしたいです」

(オークスの5月20日はルメール騎手にとっては特別な日?)
「そうです。特別な日です。僕の誕生日です。だからもちろん大きなプレゼントがほしい(笑)。それがもらえたらすごく喜んでいると思います」


■国枝調教師

(最終追い切りの狙いは?)
「先週も良い追い切りができたので、やり過ぎず、かと言って終いはちょっと伸ばしてもいいかなと考えました」

(ゴールを過ぎても気合いをつけていたように見えたが?)
「直線を向いた時、一完歩ちょっと待ってアクションを起こしてという感じで、終いの反応を確かめたようですね。全く問題ないのではないかと思います」

(桜花賞ではどのあたりで勝利を確信した?)
「道中は思ったよりも後ろかなとは思っていましたが、4コーナーでうまく外へ出してきてそれからですね。本当に行けるなと思ったのは1ハロン手前かなという感じです」

(桜花賞を勝って、オークスの2400mをイメージしたと思うが?)
「ああいう競馬ができますから、オークスも大丈夫じゃないかなと思いましたね」

(桜花賞後の馬の様子は?)
「走ってきたわりには息の入りは良かったですし、馬も落ち着いていたのでね。厩舎に戻ってからも良かったですよね」

(桜花賞後はノーザンファーム天栄に放牧?)
「そうですね。向こうの方で普通に乗ってもらいまして、特に問題もなく来れました。気になるところもなかったので、普通どおりという感じでした」

(今月3日に帰厩しての仕上げはハードに?)
「そうですね。ハードというか、アーモンドアイにとっては普通なのかもわからないですけど、特に気になるところもないので、順調に来れたかなと思っています」

(体が丈夫?)
「そうですね、メンタルも含めて特に問題になるようなことはないですからね」

(不安点はなさそうに見えるが?)
「追い切りが終わってまだ競馬までありますからね。何が起こるかわからないですけど、現状では特に気になるところもないのでね。あとは無事に出せればという感じですね」

(アパパネとアーモンドアイを比較すると?)
「アパパネの場合はオークス使うので、(坂路ではなく)フラットのコースで乗って、そしたら体もシャープになって、長いところに行けるという感じに変わりましたよね。アーモンドアイは戻ってきて、飼い食いも良くて、むしろこちらの方が筋肉量が増えたかなという感じがしますね」

(完成度は?)
「まだ良くなるのかなという感じはします」

(アパパネは母が、アーモンドアイは父が短距離を走った馬だが?)
「血統の面白いところかなと思いますけどね。母がフサイチパンドラで長いところもこなしていますし、(この馬は)気持ちに余裕があるので、レースで折り合いさえ欠かなければ距離は問題ないと思うのでね。アパパネの時も何とかなると思っていたのですけど、(この馬も)同じくらいの感じですよね」

(折り合いを欠くシーンは想像できる?)
「競馬なので包まれて競られたりこすられたりといろんなことがあるかもわからないですけど、まあこれまでのような競馬さえすれば大丈夫かなと思いますね」

(戦い方、位置取りもこれまで通り?)
「そうなるのではないかなと思います。あとはその時のペースですね。できたらペースが上がった方が良いですよね」

(現在の完成度を考えると、父と母のどちらが色濃く出ている?)
「ロードカナロアも古馬になって結構しっかりして競馬をしていましたし、フサイチパンドラもエリザベス女王杯を勝っていますから。どちらが出ているのかはよくわからないですけど、これからまだ良くなるという感じはしますよね」

(母はオークス2着、お母さんを超えられるデキにある?)
「超えてほしいですよね」

(アパパネ以来の桜花賞、オークス制覇がかかっているがプレッシャーは?)
「あります。硬くなっています(笑)」

(レース後に笑顔が見られますように)
「そうですね、是非そうなりたいと思います」

(取材・文:佐々木祥恵)