草彅剛
(C)まいじつ

草彅剛が中居正広に救いの手を差し伸べたのではないかという見方が急浮上している。

【関連】草彅剛の仕事拡大の裏にある「ジャニーズ嫌い勢力」 ほか

中居は草彅、稲垣吾郎、香取慎吾がジャニーズ事務所を退所してから、稲垣と香取には連絡を取ることに成功している。

「草彅は独立後、中居とは全く接点を持たないようにしていました。もともと草彅は中居と仲がいいわけでもない。中居が土壇場で独立を裏切ったことを、真面目な草彅は絶対に許さない姿勢でした」(ジャニーズライター)

 

草彅剛が中居正広へ向けた「メッセージ」

草彅の心境に変化

しかし、そんな草彅に微妙な変化が出てきているようだ。4月27日に『NHKニュース おはよう日本』で、草彅の出演する舞台『バリーターク』の密着リポートとインタビューが放送された。その際に草彅は、「飛び出せないとか、もちろん気持ちは分かるし、でも案外、自分ってできるよって」、「失敗してもいいじゃないかって。とにかくやってみようって。怖いな、不安だなっていうのがあるから人生っていいんですよ」と発言。これが波紋を呼んだ。

「ファンのあいだではこの草彅の発言が中居へのメッセージだと捉えられています。特に『飛び出せないとか、もちろん気持ちは分かる』というのは、中居への非難と同時に“助け舟”を出したと感じさせるものです。これまで中居を拒否し続けていた草彅ですが、間接的に中居に心境を伝えようとしたのでしょう。中居は6月にジャニーズとの契約を更新するかどうか決めるタイミングがあります」(女性誌記者)

中居に草彅の言葉の真意が理解できるだろうか。