和月伸宏のコミック「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」を舞台化する「浪漫活劇『るろうに剣心』」が、10月から11月にかけて新橋演舞場と大阪松竹座にて上演されることが決定した。主人公の剣心を2016年の舞台でも同役を担った早霧せいなが演じるほか、上白石萌歌、三浦涼介らが出演する。

 1994年に連載を開始した「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」は、1996年にアニメ化、2012年にアクション大作として実写映画化された人気コミック。2016年には宝塚歌劇団により舞台化され、同歌劇団の小池修一郎が脚本と演出、元宝塚歌劇団雪組の早霧が主演を務めた。

 新たな舞台版でも早霧が主人公・緋村剣心にふんするほか、神谷薫を『羊と鋼の森』『3D彼女 リアルガール』の上白石、四乃森蒼紫を「仮面ライダーオーズ/OOO」シリーズの三浦が演じる。また、斎藤一役に廣瀬友祐、武田観柳役に上山竜治、加納惣三郎役に松岡充が名を連ねている。

 脚本・演出は前作に引き続き小池が担当。明治11年の東京を舞台に幕末の動乱を生き抜いた者たちの新たな戦いが新キャストとともに描かれる。(編集部・大内啓輔)

「浪漫活劇『るろうに剣心』」は東京・新橋演舞場で10月11日~11月7日、大阪松竹座で11月15日~24日まで公演

「浪漫活劇『るろうに剣心』」チラシ