国民民主党は16日、米山隆一前知事の辞職に伴う新潟県知事選(24日告示、6月10日投開票)について、新人の池田千賀子氏(57)の推薦決定を持ち越した。16日の総務会で大島敦選対委員長が「池田氏本人と面会した上で判断したい」と提案し、了承されたため。

 池田氏は東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重姿勢を示している。国民民主の前身の旧民進党は2016年の前回知事選で、再稼働慎重派の米山氏を推薦せず、自主投票で臨んだ。電力系労組を抱える連合も自公推薦候補を支援し、野党陣営の足並みが乱れた。連合は今回、野党共闘を重視する立場から池田氏を推薦する方針。