国会議員秘書20年以上の澤志万です。

 ゴールデンウィークGW)も終わり、ようやく国会正常化へ……と思ったら、またまた波乱が待ち受けていました。もちろん、加計学園問題です。

 5月10日に行われた参考人質疑で元首相秘書官の柳瀬夫(現・経済産業審議官)さんが愛媛県職員らとの“面会”についてあいまいな答弁を繰り返したことに対して、翌11日に中村時広愛媛県知事が記者会見を開いて反論しました。こんなに素い対応は異例といえます。

 県としても、しっかり柳瀬さんの名刺を保管していて、すぐに出してきたのは、やはり“特別”な人だからでしょう。この会見によって、週明け14日からの衆参両院予算委員会の集中審議の紛糾が確定し、私たち秘書は卒倒寸前となりました。

議員も秘書殺気立っている永田

 1月22日から始まった第196国会(常会)の会期は、6月20日までの150日間の予定です。土日を除けば、もう1カもありません。

 ようやく「起きた」(野党の審議拒否で審議が開かれないことを「寝ている」と言います)国会では、多くの法案が審議の順番待ちをしています。法案のほとんどは衆議院で審議され可決後に参議院で審議されるため、衆議院での審議日程は実質10日ほどしかありません。このあり得ない状況に、議員も秘書殺気立っています。

 国会内には、総務・法務・外務などの常任委員会があり、議員は必ずひとつ以上の委員会に所属します。このほかに、災害対策や北朝鮮拉致問題などの特別委員会にも所属できます。

 若手議員や少数会の議員の場合などは、「常任委員会2つ、特別委員会2つ」で合計4つの委員会に所属していることもしくありません。もちろん楽ではありませんが、今回のように国会が寝なければなんとかがんばれます。

 しかし、5月11日は本当に大変でした。衆議院では本会議とともに10の委員会が開かれ、今後の委員会日程を決めるための理事懇談会も多くあったので、1日に3回も質疑に立つ議員までいました。

 さらに、各委員会には理事会もあり、理事職の議員は出席しなければなりません。出席する委員会を選択し、同時刻に開催されている委員会での質疑や採決が重なった場合は質疑時間の調整をお願いし、欠席する場合は代理出席の議員を探してお願いする。これは、すべて秘書仕事です。

 せっかく調整しても急なタイムスケジュール変更もよくあり、パニックになります。そもそも、複数の質問について質疑の準備や通告をするのは頭の中の整理も大変です。同じ委員会で午前に法案質疑、午後に一般質疑と、2回の質問がある場合などは、同じ庁と2つの質疑についてやりとりするので、とても混乱します。おかげさまでいい汗をかき、メイクもすっかり落ちてしまいました。

柳瀬氏の不遜な態度に与党から注意?

 その法案審議の合間に、加計学園問題で柳瀬首相秘書官を追及する参考人質疑が衆参の予算委員会で行われました。NHKで放送されたので、ご覧になった方も多いかと思います。

 その柳瀬さんの態度に、野党だけでなく与党の議員も「なんてふてぶてしい。あれじゃ、政府(=安倍晋三首相)の印がさらに悪くなる……」と驚愕していました。柳瀬さんの発言が今後の捜に影を与えることは明らかですから、緊もするだろうし、言葉も選ぶ必要があったでしょう。しかし、さすがに良い印を与えなかったようです。

「開き直りにしか見えない不遜な態度はダメだ」

 午前の衆議院予算委員会後に柳瀬さんは与党から注意されたようですが、午後の参議院予算委員会でも、言葉遣いは丁寧になったものの態度は変わりませんでした。

 また、麻生太郎財務大臣も、財務融委員会の一般質疑で「セクハラ罪はない」という発言について追及を受けました。しかし、麻生大臣も決して謝らない人です。「財務省としてお詫びが必要」という表現はしても、「申し訳ありませんでした」とは決して言いません。14日になり、被害女性に対して「お詫び申し上げる」とったそうですが、いくらなんでも遅すぎます。一連の流れを見て「反している」と思う民はいないでしょう。

 澤は、「正直、このようなことがセクハラにあたるとは思っていませんでした。すみません。大臣として恥ずかしい限りですが、今後は認識をあらため、精進してまいります」と答弁してほしかったです。

立憲民主党国民民主党激怒したワケ

 こうしたバタバタで流れ作業のような国会運営は、もちろんいいことではありません。結成されたばかりの国民民主党(民民)に至っては、内部組織も立ち上げたばかりなので、まだ「法案審」(党として「賛成か、反対か、対案か」を検討する会議)を開くことができていません。

 民民の理事議員が理事懇で全会の理事に「うちは党内手続きが間に合わないので、なんとか採決を延ばしてください」と頭を下げてお願いする姿も見られました。しかし、これは与党と野党の各理事懇を通してから全体の理事懇にお願いするのが通常の流れです。そのため、頭越しにされた野党筆頭理事の立憲民主党が怒り、「勘弁してよ。法案は前々から提出されていたんだから。党名を変えただけでしょ」と冷たくあしらっていました。つまり、野党同士で批判し合う始末なのですが、確かに政策会議GWの間に進めておくべきでした。

 そんな事情もあり、大事な法案審議にもかかわらず、準備の時間も答弁を用意する時間も足りず、充実した討論が行われているとはとても思えません。質問を準備する側としては、翌日に3つくらい質疑があると、どうしてもにわか知識で質問せざるを得ません。特にボスである議員が代理出席で質問しないといけないときなどは、初めてにする法案を前に途方に暮れてしまうこともしばしばです。

 そもそも、なぜこんなことになってしまっているのでしょうか。その原因は、やはり野党6党の審議拒否です。野党議員の“18連休”は民からも批判されましたが、実際には休んでいたわけではなく、党内の会議や議員連盟の会合などには出席しています。

 とはいえ、野党の国会欠席のツケを今になって払わされているということで、内心にモヤモヤを抱えている議員や秘書は多いです。それに、もともとGWは党内やボスの地元でのイベントも多いため、ゆっくり休める秘書はほとんどいません。そして、今もから中まで仕事に追われていて、モリカケ問題に始まった国会の不安定な状況が相当なストレスになっていることは間違いないです。

 GW明けには、ついに「辞めます!」と叫んだ秘書までいました。その秘書6月の会期末での退職をボスに認めてもらうと吹っ切れたようで、みるみるうちに元気を取り戻しました。そして、毎日18時に帰るという、うらやましい生活をしています。それを見て、「本来はこういう生活が健康には一番なんだろうな」としみじみ思いました。

 逆に、ストレスからか、めまいを起こして病院に搬送された秘書仲間もいます。澤もなかなか起き上がれず、軽いうつ状態です……と話したら、編集者さんに心配されてしまいました。政治の収支報告も5月末が締め切りなので、本当にキツくて辞めたくなります。でも、なんとかがんばりたいと思いますので、今後もよろしくお願いします。
(文=澤志万/国会議員秘書

参考人招致に臨む柳瀬唯夫元首相秘書官(写真:AFP/アフロ)