インターネット上での扇動を背景に、所属弁護士会に大量の懲戒請求を送られた2人の弁護士が16日、記者会見し、請求者に1人当たり60万円の賠償を求める訴訟を起こす方針を明らかにした。会見では、請求者が両弁護士に慰謝料計10万円を支払えば和解に応じる方針で、和解に至らなかった請求者に訴訟を起こすと表明。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら