大相撲夏場所4日目は16日、自身初の連覇を狙う鶴竜が松鳳山に押し倒され初黒星。松鳳山は5個目の金星を獲得した。白鵬は魁聖を危なげなく降し、栃ノ心、逸ノ城の両関脇とともに4連勝。平幕では、正代が勢との無敗対決を制した。大関・豪栄道は玉鷲の突き押しに力なく屈し、連敗した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

鶴竜を押し倒しで破った松鳳山(右)=東京・両国国技館で2018年5月16日、手塚耕一郎撮影