桜花賞(GI)5着のマウレア(牝3・美浦・手塚貴久)が、ウッドチップコースで併せ馬の最終追い切りを消化した。追い切り後、手塚調教師の共同記者会見が行われた。

(今朝の追い切りについて)
「準オープンの馬を先行させて、内に潜り込んで上がり重点でやりましたけど、とても良い反応だったなと思います。動き自体は良かったですし、体調も維持できていますので、レースに向けては良い状態かなと思っています」

(桜花賞後の馬の様子は?)
「レースが終わってから諸事情がありまして、2週間ほど栗東に残しておきました。向こうでわりとリフレッシュできたのではないかと思います。中間少し歯替わりがあったのですが、今は落ち着いているようですし、問題なく来ています。栗東から美浦に戻ってきてからは、逆算して追い切りを開始していって立ち上げたのですが、それに順調に対応できていますし、状態自体は問題ないでしょう」

(歯替わりで飼い葉食いに影響は?)
「そうですね、噛み返しといって、少し口の中でモゴモゴする時間が長くなって、決して良いものではないのですが、時期的なものもありますし、どんな馬でもあることで避けて通れないことなので、そのあたりはうまく対応できたかなと思っています。そんなに心配しなくていいでしょう」

(前走が440キロ、今回の馬体重はどのくらいになりそう?)
「前走と同じくらいで出られればいいですね。桜花賞の時も前日まではしっかり体重があったのですが、栗東から阪神までの輸送でも当日若干減ったので、今回美浦から東京だと減るかなと思いますが、その分こちらでしっかり蓄えておけばと考えています」

(これまでの戦績については?)
「(デビューから)2連勝した後、GI(阪神JF・3着)に出走させて惜しい競馬になりました。その後、年明けはクイーンCに出走して順調には使っているんですけど、ここ数戦勝ちきれないレースというか、相手もあることですからなかなか勝てないレースが続いていました。

 ただこの子のパフォーマンス的には決してポカがあったりとかそういうことではないとは思っていましたので。確かに戦うメンバーは強いかなとは思うんですけどね。この子の力を十分生かしてあげられるような仕上げにはしていきたいなと思っていますし、そういう感じでは今来ています。だから今までのレースが決して十分ではないと思いますけど、オークスという大舞台で好戦してもおかしくない中身ではあると思います」

(姉のアユサンと比較すると?)
「よく比較されますが、体はアユサンの方が大きかったのですけど、レースの内容も似たりよったりのところもあって、ただ体質面は正直アユサンよりこの子の方が芯があるかなと思っています。体は小さいのですけど、気の強さなどはお姉さんよりも彼女の方が強いものがあるのではないかなと思いますので、それがポカのない成績に繋がっているのではないでしょうか」

(アユサンはオークス4着だったが?)
「そうですね。期待していったのですが、当日かなりイレ込んでしまって、あれっ?と思ったのですけど。まあ4着、うーんという内容でしたね」

(妹は?)
「桜花賞でお姉さんのところまで辿り着けなかったので、オークスはお姉さん以上であればいいかなと思っていますし、そうなる素材ではあると思ってるので、しっかり仕上げようかなと思っています」

(枠順の希望は?)
「立ち回りが上手な子ですが、桜花賞は外過ぎたなという印象があるので、できれば真ん中寄りの自在性が生かせるような枠がいいかなと思います」

(レースの流れ、位置取りは?)
「それはお任せでいいのではないですか。なかなか思い通りにはならないと思いますので」

(関東からも関西からも強い馬が立ちはだかるが?)
「正直2頭は強いかなと思います。実際に手合わせしてみて、何で?という感じのところもありました。ただやるからにはどこかつけ入る隙を探ってひと泡吹かせたいなという気持ちではいます。ジョッキーともどもそういったところは考えて。豊君なので、その辺は考えて乗ってくれるのではないかなと思いますし、楽しみになるようなレース内容であってほしいなと思います」

(取材・文:佐々木祥恵)