かつて週刊少年ジャンプで連載されていた大人テニス漫画テニスの王子様」。続編が連載されていたり舞台化までされた。

容姿端麗で魅的な登場キャラクターたちも去ることながら、とんでもない変化球や人間をフェンスまで吹き飛ばすほどの剛球など、突き抜けた設定も人気の一因となっていた。

そんなテニスの王子様の中でも序盤に登場し、なんとか現実でもギリギリ再現できそう(?)な変化球を「物理エンジン」を用いて検証してみた動画がこちらだ。


画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)


画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)


画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)


画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)

今回検証したのは、青学2年海堂薫の「ブーメランスネイク」、同じく青学3年不二周助」。

コート横の審判台の下をくぐったボールがコートに戻ってくるというエグいカーブを描く「ブーメランスネイク」に関しては、シンプルに横回転の回転数を上げていけばなんとか再現できた。

しかし当時の不二の持つトリプルカウンターの1つ「」に関してはバックスピンの回転数が少なくてもダメ、多すぎてもダメというデリケートな技。

漫画の中のような軌全再現はできなかったものの、なんとかの形は再現できた。

しかしいずれのショットも、かの有名なプロテニスプレイヤーナダルが打つショットの回転数の10倍もの回転数を出せなければ打てないことが判明した。

ナダルの10倍もの回転数を気で出す中学生たち。恐るべし。


(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)
(本記事は上記の報道情報を参考に執筆しています)

【物理エンジン】人気漫画「テニスの王子様」の技を検証してみた!